モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 極地観測用 DOWN PARKA The North Face BROOKS RANGE | main | FILSON TINPANTS >>

Patagonia 80's クライミングパンツ

pata_pnt1
pata_pnt2
pata_pnt3
pata_pnt4
pata_pnt5

 1980年代初頭、フリークライミング入門。何事もまず“カタチ”から入る悲しい性はこの頃からの名残です。

 クライミング→「PATAGONIA」のクライミングパンツ→上着はラグビーシャツ→足元は「EB」か「フィーレ」か迷ったものです。

 フリークライミングの洗礼を受けるも、高所恐怖症は克服出来ず、更に岩に擦られ磨耗するパンツをなるべく傷めない為にはどうすれば良いだろう・・・・・出した答えはフリークライミング撤退でした。生地が二重になった頑丈な腰部と膝部は使ってなんぼ、のクライミングパンツではありましたが、少しだけクライマー気分に浸った懐かしい思い出と共にクローゼットの奥へ。

 これまた20数年間クローゼットで熟成されたこのパンツ・・・・・。
穿いて分かったのは熟成されていたのは自分のウエストだったとは・・・・・・・。
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Patagonia | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

こんばんは、初めてコメント入れさせていただきます。

こちらのブログはいつもチェックさせていただいてます。
久しぶりの更新ですね、もう更新されないのかと思っていました。

80年代初頭、パタゴニアと言えばラグビージャージとクライミングパンツでしたよね。
僕も例に漏れず憧れてクライミングパンツを購入しましたが、大事にしすぎて履こうと思ったときにはすでにウエストが合いませんでした。
泣く泣くフリーマーケットで売っぱらいました。ほぼ新品でした。
yasuoinoue | 2008/07/07 9:49 PM
yasuoinoue様
コメント頂き恐縮です。
半年振りの更新ですので、本当に久しぶりですよね。
このブログの管理をしてくれている友人が本の出版で忙しくなってしまったのと、自分も貧乏暇無しで余裕が無かった為に更新出来ませんでした。
チェックしてくれてる方が居るとは思っていなかったので、励みになります。
貸し倉庫に眠っているテントも引っ張り出して撮影しないと記事が書けませんので、ちょっと身近なアイテムになりがちですが、MADE IN USAの温故知新、1970、80年代当時の製品を掲載出来ればと思っています。
何でも手に入る時代になってしまい、当時の様な思い入れのある製品も少なくなってしまいました。
開発者の思いの詰まったブランドの製品は色褪せる事なく、記録として残せればと思っていますので、またお立ち寄り下さい。
synergy works | 2008/07/08 11:14 AM
アメリカ留学のブログを書いてる者です。今後の参考のために…って感じで遊びに来ました^^;いきなりすいません(汗)今後も参考のために覗きに来るかもしれませんが…w楽しいブログこれからもよろしくです。
アメリカ留学 | 2008/07/08 9:43 PM
アメリカ留学様
お立ち寄り頂きありがとうございます。
8月に2年ぶりのアメリカに家族で行く予定です。
今度こそ4人全員でYOSEMITEへ行けるのか!?
我が家の場合、飛行機に4人揃って搭乗するまで安心できませんので・・・・。
今後とも宜しくお願いします。
synergy works | 2008/07/11 9:49 AM
こんにちわ。

このパンツはホント傑作ですね。自分は80年代に入ってから入手し、岩登りで履いてました。

ひとつ感じたのは、フロントのジッパーがあまり下まで下がらず、用を足すときにナニを引っ張りだすのに苦労したような(笑)

あちらの人はこれで良いんでしょうが
pezonorvis | 2009/10/10 9:15 PM
pezonorvisさんお立ち寄り頂きありがとうございます。
街穿きにしようとしたこのパンツ、ドロミテのコルチナ、レッドウィングアイリッシュセッターでもマッチせず、購入2本目はほとんど新品のままでした。
当時アウトドアメーカーが作るパンツはシルエット、特に裾のデザイン処理が野暮ったいものが多かった気がします。
実用本位だったのかもしれませんが、アウトドアメーカーの自社開発パンツは微妙です。
ジッパーの件、尿道を圧迫された記憶が蘇ってきました。
「あちら」の方、長さは違っても取り付け位置にあまり違いはなさそうですので、アパレルメーカーでは無いが故の失敗!?なのかもしれませんね。
synergyworks | 2009/10/11 7:47 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://monoblog.555nat.com/trackback/918853
この記事に対するトラックバック