モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 写真センスも秀逸なJANSPORTジャンスポーツ | main | スリーピングバッグ連結の救世主「ZIP MATE」は聖地Berkeley発祥 >>

オリジナル商品が貧弱なREI製品の中でこれは!と思った逸品 "DENARI EXPEDITION SLEEING BAG"

JUGEMテーマ:アウトドア用品

スリーピングバッグ モノシリ沼 555nat.com 温故知新 REI DENARI EXPEDITION SLEEING BAG -01

オリジナル商品が貧弱なREI製品の中でこれは!と思った逸品 "DENARI EXPEDITION SLEEING BAG"。

 

以前は安価な送料で発送してくれたり、カタログ外商品でもスペシャルオーダーに応じてくれるなどホスピタリティ溢れる生協システムだったREI。

 

スリーピングバッグ モノシリ沼 555nat.com 温故知新 REI DENARI EXPEDITION SLEEING BAG -02
多数あった日本出店反対意見を黙殺し、グランベリーモールに出店、早々に閉店し日本から撤退したREIは日本の会員へのカタログ発行も取りやめ、日本国内にある代理店取り扱い製品は日本へ発送しないなど生協とは思えないメールオーダースタイルへ変貌。
代理店へ忖度し、ナショナルブランドが購入出来ず、魅力の無いREIオリジナルを購入しろって、それは無理と言うものでしょう。

 

1984年、ロサンゼルス近郊のREIで遭遇したDENARI EXPEDITION SLEEING BAG。


自社製造工場を持たないREIが外注しているオリジナル製品は、誠に残念ながらナショナルブランドに見劣りする物ばかりながら、これは買いでしょう!と思わせたのがこのスリーピングバッグ。

 

使用最低温度-30°F,グースダウン5lbs.4oz封入は堂々の厳冬期遠征隊仕様。
Messnerの無酸素エベレスト登頂、1978年にアメリカ遠征隊がK2登頂に使用されたとの輝かしいカタログ紹介で購入の決め手になったのが「Naomi Uemura、Japanese Explorer,was actually sleeping in the Denali when he was attacked by a polar bear while making the first solo trek to the North Pole.」の箇所でした。


1.9oz ripstop nylonにグースダウン5lbs.4ozを18のストレッチバッフルで仕切り封入。
バッグ内の暖気を逃さないダウン封入の首回りチューブ、信頼のNo 10 YKKジッパーでトーストのような暖かい夜を提供してくれます。

 

スリーピングバッグ モノシリ沼 555nat.com 温故知新 REI DENARI EXPEDITION SLEEING BAG -03b

 

スリーピングバッグ モノシリ沼 555nat.com 温故知新 REI DENARI EXPEDITION SLEEING BAG -04b

 

スリーピングバッグ モノシリ沼 555nat.com 温故知新 REI DENARI EXPEDITION SLEEING BAG -05b

 

スリーピングバッグ モノシリ沼 555nat.com 温故知新 REI DENARI EXPEDITION SLEEING BAG -06b

 

スリーピングバッグ モノシリ沼 555nat.com 温故知新 REI DENARI EXPEDITION SLEEING BAG -07b

 

スリーピングバッグ モノシリ沼 555nat.com 温故知新 REI DENARI EXPEDITION SLEEING BAG -08b

 

スリーピングバッグ モノシリ沼 555nat.com 温故知新 REI DENARI EXPEDITION SLEEING BAG -09

 

スリーピングバッグ モノシリ沼 555nat.com 温故知新 REI DENARI EXPEDITION SLEEING BAG -10

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
REI | permalink | comments(0) | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする