モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Moss Tent OPUTIMUM 350 モス・オプティマム350の全容 | main | 温故知新『シェルターシステムのカタログ1983』 >>

温故知新「THE NORTH FACEの語源・デザイン考察」

1970年代中頃からアメリカ本国での評判と共に製品が日本国内でも購入できる様になったTHE NORTH FACE。
本物のヘビーデューティーとは何かを伝授してくれた雑誌で見た製品は、日本国内では決して作れないであろう恰好良さとクオリティの高さに衝撃を受け憧れたものです。

 

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 ロゴデザイン

 

創業は1968年、NORTH FACEとは世界三大北壁(アイガー・マッターホルン・グランドジョラス)の一つ、難関ルートであるアイガー北壁から命名と40数年信じていましたが、昨今ネットで見るブランド説明には『1966年創業・YOSEMITEのハーフドームマークのノースフェイス・・・・・』など「えっ!」と思う記事が散見される事態に。

 

1966年最初の創業者は後にエスプリを作ったダグラス・トンプキンス氏ですが、この頃はバークレー直営店も無く、北壁マークも無いTHE NORTH FACEのロゴのみのサンフランシスコでのスタートでした。

 

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 創業者ダグラストンプキンス

(↑ゴールドウィン社 The North Face カタログより引用)

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 1968年のロゴデザイン

(↑ The North Face 1969年米国版カタログより)

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 記事(3)

(↑ゴールドウィン社 The North Face カタログより引用)


THE NORTH FACEはトンプキンス氏がフランス人兄弟に売却後、ケネスハップ・クロップ(表記は別も有り)氏が買い取り、リテイルショップをGILMAN AVE(今はアウトレット・本社工場もあった)と名門大学UC バークレー校正門前のテレグラフアベニューにオープン。

 

1984年に訪れた時、ドキドキと感動を感じつつテレグラフアベニュー直営店のブラス製ドアノブを回した記憶は40年近く経った今でも鮮やかに思い出します。


そんな思い出深いノースフェイスの創業年、語源・ロゴデザインについて考察したいと思います。

 

近くにリテイルショップを構えたSIERRA DESIGNS創業者2人も、ケネスハップ・クロップ氏も共にバークレー校からほど近いユニバーシティアベニューにあった名門SKI HUT(スキーハット)から始まっています。

 

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 バークレーのSKIHUT


SIERRA DESIGNSのリテイルショップとごく近い場所にあるノースフェイス。
SIERRA DESIGNSのマークは何回かの変遷は経ているものの、YOSEMITEにあるハーフドームと、木が数本の基本デザインとなっています。

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 記事(18)

当時、登山用品の機能やデザインなどヨーロッパが主流の時代、本格的な製品と登攀技術もヨーロッパが牽引しながらアメリカへ伝わった事は、その頃のノースフェイス「カタログ」にはオリジナル製品よりもヨーロッパ製品が多数掲載されていることからも分かるでしょう。


そんな近隣にある同じアウトドアブランドが同じハーフドームをロゴマークにしたでしょうか?

 

驚くことに1982年に会社説明会に訪問したノースフェイスの輸入代理店ゴールドウィン社での取り扱いブランドの紹介で画面に流れた説明にも「アイガー北壁から名前を取ったザ・ノースフェイス」とブランド紹介ナレーションの声で紹介されていましたし、当時のノースフェイスの国内カタログやアウトドア誌にも記述されていた事が以下の参考写真でも分かります。

 

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 北壁のロゴデザイン

 

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 記事(6)

(↑ゴールドウィン社 The North Face カタログより引用)

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 記事(7)

(↑ゴールドウィン社 The North Face カタログより引用)

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 ロゴデザイン(8)

(↑小学館 Be-Pal誌より引用)

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 記事(9)

(↑小学館 Be-Pal誌より引用)

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 記事(10)

(↑クオリティマガジン・ライトアップ別冊ザ・カタジン誌より引用)

 

これらの文献からも1970年代に日本に紹介された「アイガー北壁を語源とする企業名」「三大北壁をデザインしたロゴマーク」が自然と受け入れる事が出来ます。


YOSEMITEにあるハーフドームは横から見るとノースフェイスデザインに酷似しているのは確かですが、当時の説明では三大北壁、アイガー・マッターホルン・グランドジョラスを並べたデザインと記述している事から、「ハーフドームをモチーフにデザインした新しいロゴ・・・」(50th P35紙面)を読んで驚いたのは自分だけではないはずです。

 

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 ロゴデザイン(11)

 

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 ロゴデザイン(12)

 

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 ロゴデザイン(13)

 

確かにハーフドームからインスパイアされたのでしょうが、THE NORTH FACEの語源は「アイガー北壁、若しくは三大北壁であり、マークも三大北壁由来であり、ハーフドームのイメージを重ね合わせたデザインとなった」と説明するべきではないでしょうか?

 

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 ロゴデザイン(14)

 

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 ロゴデザイン(15)

 

そして創業年・・・老舗SKI HUTやCANP7、ALPINE DESIGNSなどに比べると中堅どころに位置付けされる印象のノースフェイスですが、長い間創業年1968をTシャツやショルダーバッグ等に記載していたのに、最近は代理店が堂々と1966と印刷した商品が出回っている不思議。

 

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 印刷物 1966


「少しでも古い創業であるかの様に刷り込もうとしているのか?」と考えてしまうのは、今の日本政府の数々の隠蔽、改竄と重ねてしまうからでしょうか。

 

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 ロゴデザイン(16)

 

 

【追記】2020.5.16

アウトドアブランドの歴史を詳しく解説なさっているUSのウェブサイト『Compass: Charting the Evolution of Outdoor Gear』さん(モノシリ沼の掲載写真も何故かここに転載されています)。ノースフェイス社の歴史の記述がありますので創業期1960年代のものを抜粋して転載します。

 

(以下ウェブサイト『Compass: Charting the Evolution of Outdoor Gear』より転載)

 

The North Face History

 

1964

The North Face started as a small retail and mail order operation, in San Francisco, by Doug Tompkins with $5,000

name chosen because the north face of a mountain is generally the most formidable to climb, i.e., the north face of the Eiger

sells own brand outdoor gear, eg., sleeping bags labelled ‘Made for The North Face by Sierra Designs.’

 

1967

Doug Tompkins sells The North Face's two stores (also Palo Alto) for $50,000 to brothers Glen and Arne Hiersoux

 

1968

Dick "Hap" Klopp buys three TNF retails store, with designer Justus Bauschunger as a minor shareholder

Jack Gilbert employed (stays for 20 years)

move to Berkeley, and with a few sewing machines manufactures the first TNF gear in the back of the store.

 

1969

the Sierra parka hits the market and becomes a classic in down outerwear.

 

ノースフェイス ロゴの由来を考察 THE NORTH FACE モノシリ沼 555nat.com 温故知新 ロゴデザイン(19)

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
The North Face | permalink | comments(3) | - | pookmark |

この記事に対するコメント

広告に関わる者です。

ノースフェイスの創業年問題ですが
老舗では時折、起業した創業年と会社化した設立年があり、起業時にアイデンティティーが明確でないときは、生業が定まった設立年を創業としていることが多いように思います。
もしかしたらその辺りの情報が混在している可能性もありませんか?
ORION | 2020/04/23 12:22 PM
混在しているのが、最近分かった訳じゃ無いところを、モノシリ沼さんが指摘しているんだと思いますよ。
通りすがりの者ですが | 2020/04/25 4:33 PM
ORIONさん、通りすがりの者ですが さん、コメントありがとうございます。

商業主義的、作為が否めませんので、日本国内での宣伝を含めてのNorth Faceブランドが辿った足跡を記録、温故知新して頂ければと思う次第です。
synergy works | 2020/07/16 8:46 AM
コメントする