モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アウトドアのバイブル、The New Complete Walker ニュー・コンプリート・ウォーカー | main |

MOSS 1970s Trillium Tent & team Marilyn モス・トリリウム・テントとチーム・マリリン。デイキャンプの巻

JUGEMテーマ:地域/ローカル

moss tent works 1970s trillium team Marilyn モノシリ沼 555nat.com 温故知新

ご無沙汰しております。皆さま、お変わりございませんでしょうか。

長いことタイムトラベルに出ておりましたモノシリ沼王が1975年の米国バークリーから帰って来ておりましたので近況報告を少しばかり。

時期を同じくして、モノシリ沼に客人がありまして、モノシリ沼王を囲んでデイキャンプにでも出かけようかとなりました。

客人は1970年代の MOSS TENT WORKS よりお越しになりました、ビル・モスのポリシーを継承するモステント直系の流れの皆さん、team Marilyn の方々です。

デイキャンプ当日。まさかの小雨模様でした。

せっかくだからと、 team Marilyn はモスのオフィスの倉庫から持ってきたという『トリリウム』テントを設営。このテント、プロトタイプか初期ロットのものらしく、手作り感を感じる工夫と美しさがありました。モノシリ沼王が所有している『トリリウム』と比べると、ポールの材質やジョイントハブのデザインなどが違っており多くの改良が加えられて進化した形跡がわかりました。たいへん貴重なテントを見せていただきました。

moss 1970s trillium tent team marilyn モノシリ沼 555nat.com 温故知新

一方、われわれはモノシリ沼王の『オプティマム200』コットンテントを久々に設営しました。設営にはオプティマム特有のコツが必要なので、沼王の指導のもと、今回はフライなしの本体のみを立ち上げました。

コットンテントが誇る気持ちのいい空気感と居住性。美しい曲線美を team Marilyn の皆さんと共に味わいました。

moss optimum 200 tent モノシリ沼 555nat.com 温故知新

moss optimum 200 tent team Marilyn モノシリ沼 555nat.com 温故知新

モノシリ沼王所有のテントを10種類ほどモスのものを中心に準備しましたが、雨のため設営できずに残念でした。

客人の team Marilyn の皆さん、小雨のデイキャンプ、お疲れさまでした。またこちらの時代に来る機会がございましたら、モノシリ沼にお立ち寄りください。

 

それとモノシリ沼の近況をもうひとつ。

モノシリ沼に新しい住人が増えました。隣りの沼からやってきたモノシリ沼人見習いのタケちゃんです。今回のデイキャンプにもちょっと遅れて参加。並外れた撤収能力の高さを発揮してくれました。キャンプサイトにタクシーで乗りつける豪快な一面のあるナイスな人間です。よろしくお願いします。

 

*モステント関連記事はこちら → モノシリ沼 Moss Tent

 

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Moss Tent | permalink | comments(0) | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする