モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ヘビーデューティ+おしゃれなCB SPORTS | main | バックパッカーのために開発されたガーメント JANSPORT WINTER EAGLE JACKET >>

極地用ダウンジャケット The North Face Brooks Rangeの変遷

JUGEMテーマ:スポーツ
モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA 極地用ダウンジャケット The North Face Brooks Rangeの変遷 フード

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA 極地用ダウンジャケット The North Face Brooks Rangeの変遷(21)

それまで同社の最高峰ダウンパーカとして君臨していたリップストップ仕様のNorth Face(North Faceは旗艦モデルのスリーピングバッグとパーカに社名を冠していた)をバージョンアップさせたモデルBrooks Rangeを1977年Fall-Winter Catalogueでデビューさせました。

ダウンをダブルチューブに封入した基本設計はそのまま踏襲、大きな変更はアウター生地を1.9oz. Rip Stopから65/35へ、フード開口部にポーラガードチューブを取り付け、ブリザードに耐えられる極地用仕様へと進化させます。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA 極地用ダウンジャケット The North Face Brooks Rangeの変遷(11)



モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA 極地用ダウンジャケット The North Face Brooks Rangeの変遷(41)

その後、初期型Brooks RangeのOPTILON製ジッパーからYKKデルリンジッパーへ、味わいのある〇型ベルクロから□型へ、The North Face製品のへヴィーディユーティの特徴だった▲アロータックは廃止され、安易なバータックへ簡易化。
65/35 のアウターはタスランナイロンへと小さなマイナーチェンジを繰り返し最終型はSierra Parkaとの共用パーツであるジッパーやゴム製ドローコードを移植され、終焉を迎えます。Made in USAのまま終える事が出来たのがせめてもの救いでしょうか・・・。



モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA 極地用ダウンジャケット The North Face Brooks Rangeの変遷(7)


モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA 極地用ダウンジャケット The North Face Brooks Rangeの変遷(8)

一見して硬派な極地用ダウンパーカであることが分かる金属ボタンを使わない丸いベルクロ仕様のダウンフラップに魅かれ、一年に数回着用するかしないか、のダウンパーカでありながら気付けば初期型から最終型まで5着を購入。The North Face Brooks Rangeの名称は1970・80年代を生きた世代に極地仕様ダウンパーカの最高峰に君臨したモデルとして記憶に刻まれた製品と言えるでしょう。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA 極地用ダウンジャケット The North Face Brooks Rangeの変遷(9)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA 極地用ダウンジャケット The North Face Brooks Rangeの変遷(10)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA 極地用ダウンジャケット The North Face Brooks Rangeの変遷(12)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
The North Face | permalink | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

それにしても・・・、何でもありますね(驚)
一着譲って頂けないものでしょうか(冗)

4つ並んだフードは深海か宇宙空間に漂う道の生物か梅図かずおの漫画に出てきそうです(怖)
正太郎 | 2015/02/09 2:53 PM
正太郎さん、コメントありがとうございます。
呆れます・・・自分でも・・・そう思います・・・オカルトの域かもしれません(大汗)。
synergy works | 2015/02/10 6:14 AM
未知が誤変換でした・・・。
迷ったら買う。これは鉄則なんですが、家人は迷ったら買わない人なんです。これでよく衝突します。買わなくたって3日もすれば忘れちゃうでしょと一蹴されます。
このところの寒波襲来時には活躍しそうですね。
正太郎 | 2015/02/10 11:27 AM
正太郎さん、コメントありがとうございます。
我が家も同様でございます。
一つ買ったら一つ処分する様に常々言われておりますが、なかなか実行出来ずこのざまです。
衣料品に関しては「あんたは老い先短そうだし、この先買わなくても一生着られる量は揃っているのだから一切買わないで!!」と。
まったく反論の余地はありませんが、酒も飲まずギャンブルもしないのでそんな散財する方々と比べれば可愛い散財じゃないか・・・と、腹の中で呟きながら月末の請求書を眺めるこの頃デス。
synergy works | 2015/02/11 1:24 PM
あはは、何処も同じですか。
転勤族の私は随分と涙なくしては語れない処分を繰り返してきましたが、そろそろ人生最後の60/40パーカを何処で買おうか色はどうしようかと考え出したものの足掛け3年悩んでます。是非アドバイスを頂きたいものです。
正太郎 | 2015/02/12 10:31 AM
正太郎さん、コメントありがとうございます。

当時の感動や手に入れた嬉しさをもう一度味わいたくて入手したものの、自分でも驚くほど無感動・・・昔の恋人は心の中の想い出のままが良い場合もございます。
どうしても、と言う事でしたら正太郎さんのお心のままに良い出会いを祈念申し上げます。
synergy works | 2015/02/13 5:25 PM
心に染み入る一言を有り難う御座いました。
再会を果たしてはみたが、、、得心して仕舞いました(笑)
正太郎 | 2015/02/14 7:57 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://monoblog.555nat.com/trackback/1163328
この記事に対するトラックバック