モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< NICE BREEZE ・・・ ハンモックチェア | main | COSTCOで購入。Coleman レクタンギュラースリーピングバッグ Made in USA >>

MAIL ORDER入門に最適だったLL Beanのジップサーモメーター

JUGEMテーマ:スポーツ
モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 MAIL ORDER入門に最適だったLL Beanのジップサーモメーター (1)

1970年代、カタログを取り寄せることから始めたMail Order。ネットは勿論、FAXさえ無かった時代、当然クレジットカードなど所有できる筈など無かった島国 日本で現物を見ることさえ叶わなかった製品を少しでも安く購入するべくチャレンジしたのは先ずカタログを取り寄せる事でした。

少ない情報とチャレンジ精神で国際返信用切手を郵便局で購入、手間をかけ、耐え難きを耐え、忍び難きを忍び・・待つ事数カ月、漸く届いたカタログはどんな物を手に入れるよりも嬉しく、アメリカの印刷物特有の香りも忘れられない輝きと共にありました。

初めてのMail Orderは更に無謀な冒険に思えたあの頃・・・たとえ届かなくても被害額が少なくて済む軽量で安価なTシャツや小物から始めたものでした。

最近、納戸を整理していた時に「発見」したLL Beanのジップサーモメーター、遠近両用めがねでも判読できない、焼けて擦れた文字をレンズで拡大して見たところ温度の表示はF(ファーレンハイト)、風と温度の相関表でした。

壊れて使用出来ないLL Beanのジップサーモメーターを捨てる事の出来ない自分・・・さほど苦労もせず何でも簡単に手に入り物が溢れた現在とあの頃。部屋に静かに流れるカーペンターズの曲と過ぎた年月を重ねる秋の夜。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 MAIL ORDER入門に最適だったLL Beanのジップサーモメーター (2)
 
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
L.L.Bean | permalink | comments(11) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

あはは、とうとう出て来ましたね。私はREIが初ZIP-O-GAUGEだったと思います。裏に書かれているWIND CHILLだったかな、所謂体感温度の表がなんとも新鮮で、流石USAと感じたものでした。更新を楽しみにしてます。
正太郎 | 2014/09/27 2:55 PM
初めまして
最近アメリカの古いアウトドア・ブランドに興味を持ち、ネットを調べていたらモノシリ沼さんのブログに辿り着いたものです
とても面白く読ませて戴いております

実は探しているブランドがあってご存知無いかと思いコメントさせて戴いたのですが、ロゴが三角形で、その中の頂点付近から、ニワトリのツメのように下に向かって線が三つ描かれたブランドです
昔のTVで観たフレームパックにそのロゴが付いていて、気になって調べているのですがどうしても見つかりません
ご存知ありませんでしょうか
写真が手元にあるのでもしメールが可能であれば送らせて戴きます
突然の質問すみません
mire | 2014/09/27 10:20 PM
正太郎さん、コメントありがとうございます。
この手の小物はノベルティ商品として結構重宝された様ですね。
自分はEarly Wintersもあったのですが、見当たらず、です。
過ごしやすい季節になってきたので、まだ紹介していないテントの撮影にも出掛けたいと思っています。
synergy works | 2014/09/28 8:01 PM
mireさん、お立ち寄り下さりありがとうございます。
「ロゴが三角形で、その中の頂点付近から、ニワトリのツメのように下に向かって線が三つ描かれたブランド」との事で最初に頭に浮かんだのは「Madden」でしたが、三角形では無いですし・・・ロゴとはタグの事では無いのでしょうか?
1970〜80年代のBACK PACKER誌の広告やEMSなどの通販カタログ、バイヤーズカタログ等を探してみましたが、該当タグは発見出来ず。
フレームパックとの事ですので、特徴のある三角形タグだと数社、普通はブランドロゴが入っているので識別出来るはずですが、これが無いとなると申し訳ありませんが、全く分かりません。
データがあるとの事ですので、555nat.comのタブをクリックして頂きmireさんの連絡アドレスをお知らせ頂ければこちらから添付出来るアドレスをお知らせ出来ます。
モノシリ沼住人ともあれこれ考えたのですが、解決出来ずモヤモヤ感が漂ってますので、何とか判明させたいと思っています。
synergy works | 2014/09/28 8:17 PM
mireさん,画像確認しました。
これは1970年代に日本で発売された「TAUECHE」タウチェです。

当時高価だったアメリカ製ディパックを日本で製造することで価格を抑えた製品展開していました。
アメリカ製のディパックは2気室でしたが、仕切りをジッパーで開閉するアイデアで大きな物も入る様に使い易くした仕様でした。

検索してみたところ2013年に「復活」したみたいです。
synergy works | 2014/10/05 6:20 PM
タウチェ!!!
ありましたねぇー。ヽ(^o^)丿
正太郎 | 2014/10/07 10:55 AM
正太郎さん、「タウチェ」まで復活と言うのが驚きです。
「タウチェ」でデイパック入門の弟に伝えたところやはり驚いていました。
synergy works | 2014/10/08 10:57 AM
しかし、何時であったかここで書かせて頂いたかも知れませんが、SIERRA DESIGNSのセレンディピティーの復刻版を買ってはみたものの、ポケットのジッパーが逆さまであったり、ショルダーストラップが貧弱であったりして返品をした経験があります。勿論、当時とは同じ素材が手に入らないという事情はあるでしょうが、やるならシッカリやって欲しいものだと思う次第です。形ばかりを復刻しても魂の欠片も感じられない復刻ではねぇー。長文失礼しました。
正太郎 | 2014/10/09 10:20 AM
正太郎さん、誠に同感でございます。
贋作では無いのでしょうが、モノシリ沼では「似ている物」に分類しています。
良い製品を復刻する為の手間を省いているとしか思えませんが、売れればそんな事はどうでも良いのでしょうね。
売る側の矜持の問題かと思います。
synergy works | 2014/10/09 7:23 PM
ワルノリついでに「似ているモノ」特集は面白いかもしれませんネ。
失礼しました。
正太郎 | 2014/10/10 5:30 PM
本物では無いけど、贋作とも言い切れない「似ている物」特集・・・微妙に笑えそうですが「本物」を知らない世代相手では苦戦するかもしれませんね〜。
synergy works | 2014/10/13 3:23 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://monoblog.555nat.com/trackback/1163315
この記事に対するトラックバック