モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< WOOLRICH 60/40 Mountain Parka ウールリッチ・マウンテンパーカ | main | Made in USAの座椅子。CRAZY CREEK CHAIR >>

KELTYのDAYPACK、WHIPPOORWILL

JUGEMテーマ:スポーツ
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970s KELTYのDAYPACK、WHIPPOORWILL(1)

KELTY製品の購入はバックパックのクレストピンとTシャツ、バックルしか購入した記憶が無かったものの、レンタル倉庫から発見したのがこのDAYPACK。「WHIPPOORWILL」とは夜鷹、日本古来の別の意味では無いのでホッとします。

Sierra DesignsとKELTY、創業者同士の仲が良かったからなのか分かりませんが、1970年代初めのSierra DesignsのカタログにKELTY製品が掲載され70年代後半になると共同のカタログが発行されています。

ベルクロで開閉する外部ポケット形状が特徴的なWHIPPOORWILL、生地はコーデュラ製、C&Cコイルジッパーが往年の名声を感じさせます。

950 キュービックインチ、重量11オンスは手頃な大きさで学生に愛用されたモデルです。

一目でKELTYと分かる三角タグ、OWNERとはKELTY OWNERの意味ではなく持ち主を記名出来るスペースだと思います。
軽量ナイロン製の同モデルにSANDPIPERがありました。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970s KELTYのDAYPACK、WHIPPOORWILL(2)

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970s KELTYのDAYPACK、WHIPPOORWILL(3)

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970s KELTYのDAYPACK、WHIPPOORWILL(4)

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970s KELTYのDAYPACK、WHIPPOORWILL(5)

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970s KELTYのDAYPACK、WHIPPOORWILL(6)

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970s KELTYのDAYPACK、WHIPPOORWILL(7)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
KELTY | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

記憶違いでなければ、迷った末にSierra DesginのSerendipityを買った気がします。
KELTY社の製品は相性が悪かったのか、なかなか決心に至らなかった憶えがあります。
天邪鬼たる所以でしょうか(^_^;)
正太郎 | 2014/05/07 3:29 PM
正太郎さん、コメントありがとうございます。
1970年代後半〜80年頃、似非サーファーが闊歩し彼等の一部がKELTYのDAYPACKを持っていたので印象が悪く購入を躊躇いました。
フレームパックはJANSPORT,ソフトパックはNORTH FACEと思い込んでいのも原因です。

自分はDANA DESIGN,MYSTERY RANCHが使い勝手、背負い心地とまったく合わず相性最悪、でした。
こちらが努力しても相性の合わない物は身に付かず・・・人間関係と同じなんですね。

synergy works | 2014/05/08 8:07 AM
あはは、陸サーファーってやつですね。
彼らも一生懸命新しいものを探していたんでしょう。馬には乗ってみよとはいうものの、年を経るごとに変われない自分に苛立つことも・・・(^_^;)
しかし、CARE INSTRUCTIONを見ると初期のGORE-TEX同様に汚せない品物ですね。
正太郎 | 2014/05/08 3:24 PM
温故知新とはいうものの、結局産まれ持っての人の本質は変わりようが無いと自身を振り返って思います。
翻って自分の物に対する価値観は1970年代に出会った製品に固定化されたままですが、今更変わりようが無いのも良いかな、と思います。
synergy works | 2014/05/10 9:11 AM
10代という多感な時期を1970年代に過ごしたことは、今更ながらに幸運であったと個人的には感じています。世相とか世界情勢等々。現在当たり前に存在するモノが誕生した時代で、今にして思えばスゴイ時代ではなかったのかなと感じています。
常温の日本酒を舐めながら語りたいものです。
正太郎 | 2014/05/22 1:13 PM
正太郎さん、同感でございます。
残念ながら下戸なので炭酸水で語らせて下さいm(__)m。
synergy works | 2014/05/23 1:17 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://monoblog.555nat.com/trackback/1163309
この記事に対するトラックバック