モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1970年代の駄作か名品か。ユーザーのフィードバックから生まれたThe North Face Stuffed Shirts | main | 滑舌難しいWILDERNESS EXPERIENCE スリーピングバッグ The Silver Cloud >>

空気を着る・・・Marmot Mountain Works Gore-Tex DOWN VEST

JUGEMテーマ:スポーツ
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 マーモットマウンテンワークス 1970s ゴアっテックス・ダウンベスト Marmot Mountain Works Goretex down Vest (1)

軽量で温かくコンパクトになるダウン製品の悩みは、水濡れによる性能低下と生地から出てくるダウンの問題にありました。
軽いRipstop Nylonが多用されていた1970年代、リップストップより多少重量があるもののダウンプルーフ能力のあるナイロンを使用していた Marmot Mountain Worksは、いち早くダウン製品にGore-Tex/ゴアテックスを採用。

スリーピングバッグ同様、同一モデルにNylon製・Gore-Tex製を選べる商品構成は消費者に選択が増えた半面、どちらをチョイスするのか大いなる悩みも提供してくれました。

当時は「迷ったら買う!」の家訓を守れる財力は無く、悩みぬいての購入は製品への思い入れと愛着を増す効果となり「製品を大切に扱う」ことへ繋がります。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 マーモットマウンテンワークス 1970s ゴアっテックス・ダウンベスト Marmot Mountain Works Goretex down Vest (4)

完璧なダウンプルーフ素材と言えるGore-TexはMarmot Mountain Worksならではの“縫製ピッチの細かさ”と相まってダウンを雨や外部からの汚れから守り、デッドエアをヒートロスさせない効果もありダウン製品とのSynergy効果は抜群。特徴的なジッパーで開閉するデザインは好き嫌いが別れるものの脱着を簡単に、寒気の流入はジッパー裏側のダウンチューブでブロック、襟は円形ベルクロで開閉 し、円形ベルクロフェチには堪らない仕様。肩部は縫い目からのヒートロスを防ぐ為、潰し縫いを避けた手間の掛る縫製で他社製ダウンベストとは明らかに一線を画すクオリティ。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 マーモットマウンテンワークス 1970s ゴアっテックス・ダウンベスト Marmot Mountain Works Goretex down Vest (5)

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 マーモットマウンテンワークス 1970s ゴアっテックス・ダウンベスト Marmot Mountain Works Goretex down Vest (6)

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 マーモットマウンテンワークス 1970s ゴアっテックス・ダウンベスト Marmot Mountain Works Goretex down Vest (7)

当時のMarmot Mountain Worksの製品には必ずリペア用の生地がさり気なくインナーポケットに入れてあるのは製品に対する愛情と購入者へのサービス、裁断後にゴミとなる生地の有効利用の側面と共に企業ポリシーを感じさせます。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 マーモットマウンテンワークス 1970s ゴアっテックス・ダウンベスト Marmot Mountain Works Goretex down Vest (8)

良質のフィルパワー/Fill Power 625のダウンをアウター素材のRipStop Nylonにラミネートされた2レイヤーGore-Texに5オンス(Mサイズ)封入したDOWN VEST、肌触りの良いナイロンアウターはダウンが心地良く膨らみ軽量で着やすく「空気を着る」と形容するに相応しいダウンベストと言 えるでしょう。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 マーモットマウンテンワークス 1970s ゴアっテックス・ダウンベスト Marmot Mountain Works Goretex down Vest (2)

1970年代に登場した「The Marmot Down Vest」は1979-80 Fall-Winter Catalogを最後にSnowcrest Vestへ移行されますが、最終モデルにはアントロンナイロンであろうSupertron $53.50、コットンクロス調のTasmania $55、Gore-Tex $79の三種類のアウターを用意されました。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 マーモットマウンテンワークス 1970s ゴアっテックス・ダウンベスト Marmot Mountain Works Goretex down Vest (9)

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 マーモットマウンテンワークス 1970s ゴアっテックス・ダウンベスト Marmot Mountain Works Goretex down Vest (3)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Marmot Mountain Works | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

相変わらず良いものをお持ちですね。
初期のGoreTexは汚してはならないという、Outdoorでの使用とは対極に位置した夢の素材であっと記憶しています。
当時の正太郎少年はWoolrochのMedium weight Buffaloplaid ShirtにTrailwiseのDownVest、DayPackはJanSportsで通学していました。救命胴衣にリュックサック背負って変な奴と周りからは思われていたようです(笑)
正太郎 | 2014/05/07 4:59 PM
正太郎さん、コメント頂き恐縮です。
仰る様に初期のGore-Texは皮脂の汚れが性能低下の原因と言われていましたね。
ウェアやブーティなどシーム不良、縫製時の穴で何度か漏水に見舞われているのは人災と産まれ持っての運の悪さだと思っていますが、ダウンプルーフ素材としては信頼しています。

WoolrochのMedium weight Buffaloplaid ShirtにTrailwiseのDownVest、DayPackはJanSports、正太郎少年は本物を分かっていたのだと思います(^−^)。
synergy works | 2014/05/08 8:26 AM
汗すらかけないGoreTexをどう扱ったらよいのか悩んだものでした。
Woolrichのシャツの襟と袖口がナイロンで補強されているのをみて所謂Heavydutyとは何かを学んだ気がします。当時は信念もあったので恥かしげも無く救命胴衣を着て闊歩してたのでしょう(笑)
正太郎 | 2014/05/08 3:19 PM
Heavydutyとは最近のウルトラライト思考製品の対極にあると思います。
自身の年齢と共に長い期間使い続けることのできる製品の良さが真に理解出来るには加齢も必要だと感じます。
自宅では加齢臭とウレタン劣化のW効果で肩身の狭い思いをしています(>_<)。
synergy works | 2014/05/10 8:57 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://monoblog.555nat.com/trackback/1163304
この記事に対するトラックバック