モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カタログで辿るマーモット・マウンテン・ワークス Marmot Mountain Works 1978~ | main | 下剋上・・・ ABERCROMBIE & FITCH >>

JANSPORT ジャンスポーツ・フレームパックと融合するスタッフサック

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 ジャンスポーツ JANSPORT スタッフサック(1)

アルミパーツをジョイントする事によってスタイリッシュでフレキシブルなフレーム構造を可能にしたJANSPORT。

Dシリーズに装着されたオリジナルヒップサスペンションシステムは「腰で背負う」重要性と他社製のバックパックとは一線を画す“格好の良さ”を味わわせてくれました。

溶接しないフレームパック、縫い目を最小限にしたバスタブ形状で雨の侵入を防ぐテント、加圧と湿気に弱いダウン製スリーピングバッグへのポーラガードの採用、ダウンの片寄りを防ぐウェーブバッフル等、先進的な製品開発は1970年代に成熟され1980年代早々に輝きをうしなってしまったのは時代を先取りしすぎたのかも知れません。

バックパックに数多くのアクセサリーが用意されていたのもフレームパックメーカーとしての揺るぎない自信の表れなのでしょう。

フレームパック内外へ効率よく重量配分した荷物を収納する為に揃えられたスタッフサック類はジッパー仕様で開口部が大きく使いやすいデザイン。

ストラップを必要としないスタッフバックはフレームとの結合パーツが装着されており、フレームに直接取り付ける事が出来ます。

専用生地から造られるスタッフサックの形状は長方形、TANカラーが主流だったのは、派手な色使いを好むJANSPORTとしては意外でした。

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 ジャンスポーツ JANSPORT スタッフサック(2)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 ジャンスポーツ JANSPORT スタッフサック(3)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 ジャンスポーツ JANSPORT スタッフサック(4)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 ジャンスポーツ JANSPORT スタッフサック(5)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 ジャンスポーツ JANSPORT スタッフサック(6)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 ジャンスポーツ JANSPORT スタッフサック(7)

JUGEMテーマ:スポーツ


 
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
JANSPORT | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

大暑とはいうものの既に対処の仕様がない暑さですね。
ご無沙汰してました。
このスタッフザックはやたら容量があって、バックパックの最上段に取り付けるというモノ珍しさも手伝って使用していました。ウレタンコーティングの匂いが鼻をついていました。懐かしいです。
正太郎 | 2013/07/23 9:58 AM
正太郎さん、お久しぶりです。
暑いなかお立ち寄り頂きありがとうございます。
1970年代〜80年代、バックパッカーと随分すれ違いましたが、JanSportのスタッフサックをフレームに付けている人とは会う事が出来ませんでしたので、使っていた方からのコメントはとても嬉しいです。
各社、ウレタンの種類も違っていたようで、JanSportのテント、バックパック、スタッフサック等、経年劣化しながらもあまり気になる匂いは発生していません(家族はそう思っていませんが)。
周りに置いてあるNorth Face製品の銀杏臭い匂いが強くて自分だけが分からなくなっているだけかもしれませんが・・・(>_<)。
synergy works | 2013/07/24 9:58 AM
お暑う御座います。
銀杏臭かぁ。云い得て妙ですが、確かに銀杏ですね。
確か遊歩大全を読んでSleeping BagをBack Packの上部(Jan Sports)や下部(Kelty)に取り付けるのは、雨に直接晒されるのでBack Packの中に入れるべき云々と書かれていた記憶があります。それでTrailwiseのBack Packを手に入れました。
それにしても、30年以上が経ちますが、我が家のスタッフザックも老いたとは云え、加齢臭ならぬ銀杏臭を放っています。
正太郎 | 2013/07/25 10:09 AM
正太郎さん、当時を偲ぶコメントありがとうございます。
正太郎さんのバックパックってどれだったのだろう?と思い久し振りにTrailwiseのカタログを探したのですが、2冊ほどあったカタログが見つかりませんでした。
異臭を放つ劣化したウレタン・・・どうせなら全て剥がれてしまえば異臭と共に一掃出来るのに根性ウレタンもあり始末に負えません。
「銀杏臭い」「獣の〇〇〇の臭い」とか言われ己が発するであろう「加齢臭」と共に戦々恐々とする日々。
剥がれないように保管に努力したり、剥がしたいと思うと剥がれず・・・思うように行かないのは人生と同じですね(>_<)。
synergy works | 2013/07/26 8:05 AM
呼吸をするだけでも汗が噴出します。
私が愛用していたのは、Traiwisesha社のPack Back 72というモデルでした。これはフレームに対してフル レングスのコーデュラナイロンのバックパック仕様で、底部に向かってテーパーがついていました。Pack Back 73というモデルはKelty風の三分の二のバックパックでした。確か遊歩大全でコーリン・フレッチャー氏も使っていたようです。
正太郎 | 2013/07/29 3:10 PM
正太郎さん、貴重なお話ありがとうございます。
遊歩大全、Traiwiseカタログが久し振りに見たくなりました。
汗かきながら探してみます。
synergy works | 2013/07/31 9:39 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://monoblog.555nat.com/trackback/1163285
この記事に対するトラックバック