モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< REI K2 EXPEDITION CAP 1984 | main | Marmot Mountain Works「ALL WEATHER PARKA」の進化と終焉 >>

Sleeping bag ブランド別ストレージバックへの想い

JUGEMテーマ:スポーツ

モノシリ沼、555nat.com、アウトドア温故知新、1970-80年代ストレージバッグ (1)

 1970年代のアメリカ製品情報が怒涛の如く押し寄せて来た時代。その手の本に紹介されていたストレージバックの呼称と説明は「ランドリーバック」「アメリカの若者は洗濯物をこの袋へ入れコインランドリーへ行くのだ」。

 産まれたての雛が最初に動く物を親と認識するように刷り込んでしまうのと同様、何でもかんでも鵜呑みにするほど当時のアメリカ製品の情報は魅力的で輝いていました。

 スリーピングバッグの保管用の袋として別売もされていたストレージバックはお金の無い若者にも購入出来るアウトドアブランド入門製品のひとつでした。

 この袋にダウンジャケット等を入れて部屋に吊るせば気分はもうアメリカ・・・・・などと浮かれていたのも懐かしい思い出です。

 ダウンジャケットよりも複雑で高い縫製技術を要するスリーピングバッグを見ればそのブランドのクオリティが分かりますが、保管に関してもこのストレージバックに込めた各社の考えや思いが伝わってきます。

モノシリ沼、555nat.com、アウトドア温故知新、1970-80年代ストレージバッグ (2)

 1970〜80年代、憧れは天然素材のコットン製The North Face(1990年代にデザインが変わり色も数種、日本製はおかしなデザインでしたが)。スリーピングバッグ『NINBUS』購入時に付いてきたSierra Designs社のナイロン製は意外でした。

モノシリ沼、555nat.com、アウトドア温故知新、1970-80年代ストレージバッグ (3)

 Marmot Mountain Works社もボトムが四角い形状のナイロン製。1980年代後半MMWは購入時期によりコットン製で数種類のデザインを展開。

モノシリ沼、555nat.com、アウトドア温故知新、1970-80年代ストレージバッグ (4)

モノシリ沼、555nat.com、アウトドア温故知新、1970-80年代ストレージバッグ (5)b

 Western Mountaineering社は他社より大きくダウン製品をなるべく圧縮しないで保管できる形状で企業理念を感じます。

モノシリ沼、555nat.com、アウトドア温故知新、1970-80年代ストレージバッグ (6)b

 REIは良くも悪くもREIらしい風合い。ロゴもデザインも無いつまらない代表はFeathered Friends社(あまりにも味気ないので写真も無し)、細長いデザインのコットン製のストレージバックはダウン製掛け布団に使用されるコットン生地でした。

モノシリ沼、555nat.com、アウトドア温故知新、1970-80年代ストレージバッグ (7)

 CAMP7社やWilderness Experience社も味のあるストレージバックです。

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 ストレージバッグ ウィルダーネスエクスペリエンス

 材質やデザインの違いで各社の感性の違いが分かり楽しめます。このストレージバックの他には小物やスリーピングバッグ、ダウンジャケット等を入れるスタッフバッグも各社の違いが見てとれマニアックな楽しみですが、それはまたいつの日か・・・・・ 

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
温故知新 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://monoblog.555nat.com/trackback/1163242
この記事に対するトラックバック