モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< MAIL ORDER 入門 REIの変貌 | main | Sleeping bag ブランド別ストレージバックへの想い >>

REI K2 EXPEDITION CAP 1984

JUGEMテーマ:スポーツ

モノシリ沼 555nat.com アウトドア温故知新 1970-80年代 REI  K2 Expedition cap 1

アメリカへのカタログオーダーとMailオーダーから数年、REIの会員になったのは1984年のBerkeley店でこのキャップ(今となっては貴重なMade in U.S.A.)を購入した時に店員に「入会した方がお得よ、はい$5。」と言われたのがきっかけです。

モノシリ沼 555nat.com アウトドア温故知新 1970-80年代 REI  K2 Expedition cap 2

この頃はまだ旧REIロゴの製品が混在、友人のお土産用には旧ロゴを、自分用には新ロゴ・・・・今思えば旧ロゴの方が味があり痛恨の選択ミス・・・。

モノシリ沼 555nat.com アウトドア温故知新 1970-80年代 REI  K2 Expedition cap 3

この日はテレグラフ・アベニューにあるThe North Face本店 → Marmot Mountain Works → Ski Hut → Sierra Designs → The North Faceアウトレット → REIと全行程徒歩の強行軍。気力体力共に限界を迎え、宿泊先のUC Berkeley近くのホテルまで徒歩約1時間は気の遠くなりそうな距離でした。

REIスタッフに聞くとUC Berkeley方面行きのバスが走っていると教えてくれましたが、アメリカのバスの乗り方は「地球の歩き方」には書いてなかった・・・・。疲労と引き換えに乗ったバスは停留所の名前をいっさい言わないバスはどんどん走ります。見覚えのあるUC Berkeleyの校門を通り過ぎたあたりで必死の下車。疲れながらも通り道沿いにあった「グラナイト スティンアウェイ」で小物を購入。

モノシリ沼 555nat.com アウトドア温故知新 1970-80年代 REI  K2 Expedition cap 4

冬のXCスノーキャンプでの出動以外には、あまり出番の無かったREIオリジナル「K2 Expedition Cap」ですが、1984年アウトドア聖地Berkeleyをドキドキ探索したあの頃の記憶がよみがえり、懐かしさと時の移ろいを感じます。 

モノシリ沼 555nat.com アウトドア温故知新 1970-80年代 REI  K2 Expedition cap 5

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
REI | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://monoblog.555nat.com/trackback/1163241
この記事に対するトラックバック