モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 極地用ダウンジャケット North Face Parka | main | カタログで辿るジャンスポーツJANSPORTの軌跡 >>

世界初Gore-Tex TENT Early Winters STARSHIP

JUGEMテーマ:スポーツ
Early Winters Starship Gore-tex Tent (1) モノシリ沼 555nat.com 1970-80s アウトドア温故知新

ユニークで革新的な製品を世に送り出していたEarly Winters社の原点は、雨は通さず蒸気を通す夢の素材「Gore-Tex(ゴアテックス)」をいち早く採用した事にあります。1970年代Gore-Texの登場はその性能を活かした製品開発力は勿論、未知の素材へかける情熱が“世界初”の称号を得る栄誉を与えられました。

Early Winters Starship Gore-tex Tent (2) モノシリ沼 555nat.com 1970-80s アウトドア温故知新

日本では潤工社が取り扱い企業となり、Gore-Tex製ディパックやウエストポーチ、両面Gore-Texのダウンジャケットなど、“用途に疑問“の珍品が出回る日本とは一線を画すEarly Winters社の製品づくりはさすがです。世界初のGore-Tex仕様のParkaとTentを製造したEarly Winters。同社のGore-Texテントとして有名なのはステファンソン型「Light Dimension」ですが、一見ジオデシック構造に見える「STARSHIP」も見逃す事は出来ません。

Early Winters Starship Gore-tex Tent (3) モノシリ沼 555nat.com 1970-80s アウトドア温故知新

「STARSHIP」テントは発売当時、他社がグラスファイバーポールを採用していた時代、高価なアルミポールをオプションで選ぶことも可能でした。4本のアルミポールのポールエンドグロメットは7ヶ所。テント入口から見た形状は左右対称にしか見えず、通常4本ポールの場合ポールエンド8ヶ所を想像すると混乱してしまいますが、変形7角形の床形状のテント入口は意表を突きサイドに設けたと思えば納得するでしょう。

Early Winters Starship Gore-tex Tent (4) モノシリ沼 555nat.com 1970-80s アウトドア温故知新

シームテープが開発される以前、縫い目の防水は付属の注射器にシームシラーを入れ根気と時間を掛けて行うのがテント購入後の儀式でした。防水の為のウレタンコーティングを必要としないGore-Texの生地は30年以上経った現在でもべとついたり臭いを発したりする事無く健在。

Early Winters Starship Gore-tex Tent (5) モノシリ沼 555nat.com 1970-80s アウトドア温故知新

テントカラーはグリーン、イエローの2色から選択できグランドクロス(フットプリント)も別売りで用意されていました。イエローはポールスリーブにレッドを採用し、見た目も鮮やか。Gore-Texの性能を享受する期待感を高めます。スリーブ入口や交差する所は補強のバータックが施され耐久性向上の効果と共に丁寧な縫製に企業ポリシーを感じます。

Early Winters Starship Gore-tex Tent (6) モノシリ沼 555nat.com 1970-80s アウトドア温故知新

ポール4本を挿入するだけで完成するテントはフライシートを掛ける手間も不要ですがポールスリーブが「ベタ縫い」の為、ポール交差ヶ所はスムーズに挿入出来ず撤収の場合もポールを押しだす作業に手間取るので閉口します。ポール交差ヶ所に遊びの無いスリーブ形状は一点に加重が掛る為、ポール破断の原因になりました。

Early Winters Starship Gore-tex Tent (7) モノシリ沼 555nat.com 1970-80s アウトドア温故知新

Gore-Texの最大の特徴である「通気性」は寒気が入る欠点にもつながり、その後改良されたGore-Texは通気性能と引き換えに透湿性能を向上させた結果、アメリカでのGore-Tex仕様テントは製造出来なくなり市場から消えていきます。

Early Winters Starship Gore-tex Tent (8) モノシリ沼 555nat.com 1970-80s アウトドア温故知新

そんな欠点も相殺して余りある革新的テントとしてEarly Winters社「STARSHIP」テントは記憶に残るでしょう。 
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Early Winters | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

EW社がスグレモノ(ポパイ的フレーズ!)を多くプロデュースしていた、と今でも感心させられる物の一つに、スタッフバッグがあります。35年前に購入した、様々なカラー&サイズの同バッグは、今でもコーティングが剥離することが無く、バックパックの内外で現役として活躍しています。後一つは、ゴアテックス製のパーカやテントに使用されている、色鮮やかなグリーン、イエロー、オレンジカラーです。グリーンカラーのポケットホテルを愛用していますが、奇抜なスタイルを十分に補う、フレッシュなカラーがお気に入りの一つになっています。現在まで、EW社の様な機能性を併せ持つ、ユニークなデザインのメーカーに出会った事はありません。
superpacker | 2012/01/20 8:08 PM
superpackerさん、コメントありがとうございます。
頂いたコメント、同感致します。

初めての物との出会いや入手する困難を経て手にする喜びを若い人たちに感じてほしいと思いますが、何でもある現代では無理な事かもしれませんね。
Early Wintersのポケットホテルのインプレッション、是非お願いします。
synergy works | 2012/01/21 8:17 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://monoblog.555nat.com/trackback/1163220
この記事に対するトラックバック