モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< ダウンジャケット DOWN JACKET の原点。The North Face "SIERRA PARKA" ノースフェイス・シェラパーカ | main | 極地用ダウンジャケット North Face Parka ノースフェイス・パーカ >>

The North Face Tent "OVAL INTENTION" ノースフェイス・テントの完成型 OVAL

JUGEMテーマ:スポーツ

The North Face 1980 Oval Intention 2 Tent (1)  モノシリ沼 555nat.com

OVAL兇OVAL INTENTIONの弱点を改良した後継型として1980-81年 FALL-WINTER CATALOGUEで登場。その後ポールスリーブ・オーバルインテンションと呼ばれますが、1980年のカタログではスペック欄のみPOLE SLEEVE OVAL、説明はOVAL兇之悩椶気譴討い泙靴拭

大きな改良点はOVAL INTENTION気任呂爐出しだったアルミポールをスリーブ式に変更。O型リングで「点」で交差していたアルミポールをスリーブ式にすることで「面」で均等に張られたポールはOリングに集中していた加重を分散。半端なフライシートを延長しテント本体を覆うことで強風、風雨に対抗、袋式だったポールエンドはグロメット式に変更されフライシートのグロメットを巻き込み固定させる効果的な機能となりました。

本体、三角型の窓は大型円形のベンチレーションへと変更。入口はフライシートがカタツムリのツノ状アルミポール2本で庇(ひさし)が形成され雨天時の出入りに考慮されると共にVE-24のデザインを踏襲。このポールは革で補強されたドットボタンにきっちりと装着されジャケットに使用されているボタンを流用したアイデアには驚かされます。 

強風下ではこのポールを外し、フライを絞ることで通常時との使い分けが出来ます。                                                                                             フライシートが延長された事で本体下部の防水生地のウォールは低くなり、2色の幾何学模様の美しいフライシートデザインはジオデシック構造のNorth Faceならではのカラーリングとなり、一目でOVALと分かります。

細かいパーツではジッパーが大型化。メッシュも一枚生地になるなど信頼性が向上し、高さ、床面積は変わらないものの重量は4.4キロ→5キロとなりほぼ全面的なモデルチェンジと言って良いでしょう。

長さの違う3種、6本のポールをスリーブに通す作業は縫い目を追う事で初代OVALよりは間違えにくくなったものの、それでも“慣れ”を必要とします。弛み無く張られるフライシートは風を逃がしテント強度向上に寄与、テント底部と本体の縫い目は地面に接しないアーチを描き更にフライに覆われる事で雨に強い構造。デザイン重視で縫い目を露呈してしまうMOSSやその他テントとは一線を画す本格的なテントと言えるでしょう。

1981年に購入したOVAL供◆峪杏い里海屬拭廚諒語で言えば末っ子が作った強風に耐える煉瓦の家の様な安心感と共にテント内部から見える幾何学模様は「使って楽しく、機能美と性能を併せ持つ」North Faceジオデシックテントの代表作となりました。

The North Face 1980 Oval Intention 2 Tent (2)  モノシリ沼 555nat.com
The North Face 1980 Oval Intention 2 Tent (3)  モノシリ沼 555nat.com
The North Face 1980 Oval Intention 2 Tent (4)  モノシリ沼 555nat.com
The North Face 1980 Oval Intention 2 Tent (5)  モノシリ沼 555nat.com
The North Face 1980 Oval Intention 2 Tent (6)  モノシリ沼 555nat.com
The North Face 1980 Oval Intention 2 Tent (7)  モノシリ沼 555nat.com
The North Face 1980 Oval Intention 2 Tent (8)  モノシリ沼 555nat.com
The North Face 1980 Oval Intention 2 Tent (9)  モノシリ沼 555nat.com

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
The North Face | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

このオーバル、確か大人がテントの上に乗っても平気なくらい頑丈な構造だった様な。
甲状腺野郎 | 2011/12/18 5:49 PM
甲状腺野郎 さん、コメントありがとうございます。
今の自分は無理だと思いますが(>_<)、相当の加重には耐えられるテントです。
このテントでダメだったらこれ以上の物は無いので諦められる、そんな信頼出来る製品を使うのが理想です。
最高品質のスリーピングバッグ、ジャケット、その他アウトドア製品を選ぶ目は持っていたと自負するものの、高品質の「妻」を見分ける目は無かったようで・・・多分アウトレットのジャンク品・・・本題に関係ありませんけど。
synergy works | 2011/12/19 10:16 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック