モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< The North Faceの結構レアなスーパー・ビバークカバー | main | Mother Karen's XCスキーの思い出 >>

コードストッパーはこれじゃないといけない3つの理由

コードロック1970s-1
コードロック1970s-2
コードロック1970s-3
ジャケットのドローコード、フード、スリーピングバッグ、スタッフバッグ等々、小さいながらも機能を陰で支える力持ち・・・・・何気なく使っているコードストッパーは単機能ながらお世話になり度は結構高い製品。

1970年代はほとんどオプションでした。
色やデザインにも特色があり、お気に入りのダウンジャケットにどのコードストッパーを合わせるか楽しい選択でもありました。

そんな中でスリーピングバッグやスタッフバッグでお世話になったのがこの製品。
厳冬期用スリーピングバッグをスタッフバッグに詰め込んだり、濡れてふやけたテントを収納する時、普通のスプリング式コードストッパーでは力不足です。
一度留めたら緩まない信頼性と機能的なデザイン、一番大事なアメリカ製品らしい味わいはこれでなくちゃ、と思わせる何かがあります。

手持ちが少なくなってくるとどうしても購入したくなるのは1970年代アウトドアの洗礼を受けてしまった「性(さが)」でしょうか。
シングルコードには使えませんが、リング状のコードを留めたいときにお勧めです。
嬉しい事に今でも健在、当時は茶色しかありませんでしたが、今は黒もあり時代の流れを感じます。
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Gear & Goods | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

モノシリ沼王 様

初めまして、大学で椅子デザインの勉強をしている森田と申します。

現在卒業制作で紐を引っ張ることで強度を出す折りたたみ椅子を制作しています。

そこで、引っ張った紐を最後に固定するのに市販のスプリング式のコードストッパーではパワーが足りず紐を固定することが出来ません。

モノシリ沼王様のブログでこのコードストッパーを発見しました。

写真を持って何件かのアウトドアショップで店員さんに聞いて回ったのですが、見つけることができず、メーカーも分からないとのことです。

もしよろしかったら商品名、メーカー、売っている場所など教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願い致します。

Hiroyuki Morita | 2009/12/07 2:48 PM
お立ち寄り頂きありがとうございます。
何だかすごく素敵な椅子が出来上がりそうですね。
このストッパーはREIhttp://www.rei.com/ で「#194CORDLOCKS」と言う名称で販売されています。
二個で1セット、確か$1〜$2程度だったと思います。
安価なものなので、MAIL ORDERするのは馬鹿らしいと思います。
FASTEXと言うブランド名で検索すれば国内でも見つかるかと思います。

このブログを管理している「沼人1」もこの手の小道具に精通しているので、555nat.comへ問い合わせしてみて下さい。
取り敢えず希望のような強度があるのか1個で試してみてはいかがでしょう?
コードの材質が噛みやすければ、本体が壊れない限りストップが掛かると思います。
つるっとした硬いコードだと滑ってしまうかもしれません。
見つからない場合、数個で良ければ素敵な卒業制作に協力させて頂きますが。
synergyworks | 2009/12/07 7:01 PM
大変親切に教えて下さってありがとうございます。
FASTEXというブランド名だったのですね、完全に見当違いの探し方をしてしまっていたようです。

まず教えて頂いた情報から自分で探してみたいと思います。

どうしても見つからなかった場合は協力して頂けたらと思います。よろしくお願い致します。

もちろん制作の結果も報告させて頂きます。

貴重な情報を教えて頂いて本当にありがとうございました!!




Hiroyuki Morita | 2009/12/08 10:18 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://monoblog.555nat.com/trackback/1116889
この記事に対するトラックバック