モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 都市伝説!? SIERRA DESIGNS 60/40 PARKA | main | ジオデシックテントの伝説 TNF oval inTENTion >>

JanSport 心も温まるWINTER EAGLE VEST

jansport-WE-VEST-1
jansport-WE-VEST-2
jansport-WE-VEST-3
jansport-WE-VEST-4
Murray, Skip, Janの3人の仲間が・・・・で始まるJanSport(ジャンスポーツ)のテント、スリーピングバッグ、フレームパック、ガーメント、それぞれの製品開発ストーリーに思いを馳せながら使用するのは、他社製品では味わえない楽しみの一つでした。
すてきだったのはMurrayのガールフレンドの名、Jan Lewisからが冠された社名JanSport。
当時開発中のフレームパックに取り付ける本体の縫製を頼んだのがガールフレンドだったJan Lewis。
手伝ってくれたら名前を社名にするから・・・・とお願いしたのが始まりだったとか。
心温まる社名が創業者の手を離れてなお現在も存在するのは何とも良い話しではありませんか?
他社とは一風変わったユニークな製品を開発していたJanSport。
この『ウィンターイーグルベスト』もそんな製品の一つと言えるでしょう。
バックパックを背負った時に肩部のダウンはその重さに潰されまったく保温性は無くなってしまします。
そこで重みを受ける肩部には弾性、潰れても回復力があり濡れても保温性能のあるダクロンを封入。
60/40の生地にダクロンとダウンを取り入れたハイブリットなベストがこの『ウィンターイーグルベスト』。
JanSport らしいツートンカラーの特徴のあるバッフルデザインは、ダウンの偏りを無くす為の構造。
高い襟とジッパーにボタンの2重構造はヒートロスを無くすためのデザイン。
裏地のリップストップのカラーのポップな色はアメリカのヒッピー文化を体現した彼らの感性の現れでしょう。
少々、フェザーの多いダウンが他社製品より見劣りしますが、もしかするとフェザー混合ダウンを採用したのも何か目的があったのかも・・・・と思わせてしまうのもJanSportの魅力だったかも知れません。
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
JANSPORT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://monoblog.555nat.com/trackback/1027480
この記事に対するトラックバック