モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< SIERRA DESIGNS 「NIMBUS」の洗濯 | main | 都市伝説!? SIERRA DESIGNS 60/40 PARKA >>

魂のフォールディングナイフVS実用的なアーミーナイフ

08ナイフ-1
08ナイフ-2
08ナイフ-3
08ナイフ-4
08ナイフ-5
WILDERNESSに出るときにはどちらを持って行くべきか・・・・・な〜んて荒野へ行くわけでも無いのに真剣に考えていた頃を懐かしく思い出します。
バックパッキングの洗礼を受けた頃、欲しかったのは『ビクトリノックス』社のアーミーナイフでした。
このアーミーナイフも『ビクトリノックス』社か『ウェンガー』社の2派に分かれて優劣を話し合ったものです。
物好きとしては初めて知ったアーミーナイフが『ビクトリノックス』だった事、創業が早かった事、マークが格好良かった事などから、見てお分かりの通り『ビクトリノックス』信奉者でした。

その会社の旗艦モデルを買う事がその会社のレベルを知る近道なのですが、アーミーナイフではそうは行きませんでした。
有名な「チャンピオン」は持つには幅があり過ぎ、ラーメンの全部入り!みたいなデザインがどうしても好きになれず、何故かネーミングに惹かれる傾向もあり選んだモデルが「EXPLORER]。
兄が初任給でプレゼントしてくれた嬉しさを昨日の事の様に思い出します。
基本的なツールを持つ「クライマー」に何を足すか、でこのナイフを持つ人の嗜好が分かるのも面白いところです。
都会生活でも重宝するハサミはバネが折れやすい欠点はあるものの、フォールディングには無い細かいツールが魅力的です。

しかし・・・何故か幼い頃より刃物等の光物に魅かれた身としてのナイフの魅力は断然フォールディングナイフ系に軍配が上がります。
コレクターではありませんが、気付いてみればこの本数・・・・・
最近価格高騰の「R..W.LOVELESS」はこのダブルヌードの刻印が無ければ購入していないと思いますが、10代の頃に雑誌で見たアウトドアグッズに憧れてしまうのは鳥の雛の「刷り込み」と同じ様です。

荒野に行く夢を抱きつつ使う事も無いフォールディングナイフと、結構気軽に出番の多い実用的なアーミーナイフは、作り手の魂がこもった日本刀とボンナイフ(古い!)の様に似て非なるものなのかも知れません。 - モノシリ沼王
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Knife | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://monoblog.555nat.com/trackback/1012321
この記事に対するトラックバック