モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

バブル期の夢と破綻を詰め込んだ意外と本格的なMEI トラベラーパック

モノシ リ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 バブル期の夢と破綻を詰め込んだ意外と本格的なMEI トラベラーパック(1)

 1980年代後半からバブルの泡に日本中が放り込まれた時代、後から「バブル」と言われてもトホホ、な経験は残り少ないであろう人生に役立つ事があるのでしょうか。

 東京の土地3.3屬数千万円・・・・アメリカの開発許可前のリンゴ農場104エーカーの価格が$2ミリオン程度は安い買い物と錯覚してしまう狂乱の時代。

 1989年、5年振りのアメリカ、「安い」カリフォルニアの不動産を下見に行った際、多忙にも関わらず懐かしいBerkeley Marmot Mountain Worksへも立ち寄るのは忘れませんでした。

 ロシア正教だった特徴的な建物をショップにしてしまったMarmot Mountain Worksで出会ったのがこのMEIのトラベルパック。

 ショルダーストラップで旅行用カバンとして使えるデザイン、収納されたショルダーストラップとヒップベルトで背負うことも出来るハイブリット仕様、更に外付けのポケットをジッパーで外せばデイパックとして使える一粒で三度美味しいパックはMarmot Mountain Worksセレクトの信頼感もあり即購入。

 当時、他社製トラベルパックで容量、使い心地を満足させるトラベルパックは見当たらず、購入の決め手となったのは通常この手のパックに簡易的に取り付けられているショルダー、ウエストベルトとは違い本格的なアルパインパックも驚く重厚な仕様だった為です。

 厚手のパッド、インナーフレームはアルミ製Xジョイント、アルミフレームの反発を利用しストラップを絞れば背中とパックに空間が現れ通気性の良いメッシュで背中の蒸れを追放します。

 土地を購入する為の契約書や各種書類とアメリカンドリームを詰め込み日本への帰路はバックパックとして背負ったMEIトラベルパック、仕事に旅行と必ずこのパックと共にありました。

 日本のバブル期〜崩壊まで喜怒哀楽と共に歩んだこのパック、アメリカンドリームは夢のまま負債を残して終了。

 人生山あり谷あり・・・夢と欲望と挫折・・・このパックに詰め込んでいたのは一体何だったのでしょう・・・思い出が濃過ぎてMEI製品を二度と購入することはありませんでした。

モノシ リ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 バブル期の夢と破綻を詰め込んだ意外と本格的なMEI トラベラーパック(2)

モノシ リ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 バブル期の夢と破綻を詰め込んだ意外と本格的なMEI トラベラーパック(3)

モノシ リ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 バブル期の夢と破綻を詰め込んだ意外と本格的なMEI トラベラーパック(4)

モノシ リ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 バブル期の夢と破綻を詰め込んだ意外と本格的なMEI トラベラーパック(5)

モノシ リ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 バブル期の夢と破綻を詰め込んだ意外と本格的なMEI トラベラーパック(6)

JUGEMテーマ:スポーツ
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
MEI | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |