モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

世界初のGore-Texグローブ GATES

JUGEMテーマ:スポーツ
モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. 世界初のGore-Texグローブ GATES(1)

世界初のGore-Texのテント・パーカを世に送り出したのはEarly Winters、Gore-Texダウン製品はMarmot Mountain Works、靴のDannerがアメリカの著名なアウトドアブランドヒストリーでも記述されていますが、Gore-TexグローブのGATESは確認出来 ません。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. 世界初のGore-Texグローブ GATES(2)

地味ながら初のGore-TexグローブはこのGATESと1980年頃の日本では紹介されました。保温材も少なくXCスキーに最適かと躊躇わず購入、「迷ったら買う!」の家訓に迷いはありませんでした。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. 世界初のGore-Texグローブ GATES(3)

35年も経ったある日、ふっと手にしたGates、どこを見てもGore-Texの表示も見当たらずもしかすると記憶違いだったのかと解体を決意。慎重に糸を切り分解してみると保温材のシンサレートに被る様に確かにインナーGore-Texはありました。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. 世界初のGore-Texグローブ GATES(4)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. 世界初のGore-Texグローブ GATES(5)

意気揚々と防水性能確認のためキッチンの食器桶に水をはり、Gatesを入れると指先から漏水があったショックの記憶も今となっては30数年前の出来事となりましたが、その漏水の原因を真っ先に調べるとGore-Texの指先接合部が剥がれているのを発見。縫製時のミスで針穴が開いたものかと推測していたのは電着?が不良だったと判明。家電と同じで初物に初期不良は付きものなのかも知れません。その他も経年劣化なのか接合部が剥がれているところが数か所散見されますが、見た目Gore-Texの生地自体は、変色以外異常はなさそうです。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. 世界初のGore-Texグローブ GATES(6)

1980年代後半に購入したLL BeanのGore-Texグローブも発見したのでこちらも気持ち良く解体。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. 世界初のGore-Texグローブ GATES(7)

どちらのグローブも本体に比べ異様に大きなGore-Texインナーだと分かります。こちらはインナーに厚めの保温材が使用され、Gore-Texとは指先どうし接着剤で接合されており進歩の跡が見られます。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. 世界初のGore-Texグローブ GATES(8)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. 世界初のGore-Texグローブ GATES(9)

このグローブインナーGore-Texを手首からカットし水を入れ、圧をかけたのがこちらの写真。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. 世界初のGore-Texグローブ GATES(10)

やはり指先と小さな穴から水が噴出してきました。これらを見るとグローブ使用時にストレスのかかる指先がウィークポイントで、その他の小さな穴も同様の原因であると推察できます。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. 世界初のGore-Texグローブ GATES(11)

グローブがこの有様だと言うことは更に加重のかかる靴、Gore-Texブーティはどんな状態なのか調べるのも恐ろしいですね。

Gore-Tex登場から数十年・・・改良しながら耐久性や性能も進歩しているのでしょうが、濡れない神話は元寇の神風と同じだと理解し、万が一濡れた場合に対応出来る素材を身に纏う事が肝要かと老婆心ながら進言致します。
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Goretex | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ゴアテックス Gore-tex シームテープの検証

JUGEMテーマ:スポーツ

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Gore-tex Seam 1980s Japan Made ゴアテックス Gore-tex シームテープの検証(1)

 Marmot Mountain WorksのパーカジャケットGoreソックスで分かった驚愕のシームテープ崩壊。1980~1990年代、Made in U.S.A.のGore-tex製品に、じわじわと劣化崩壊の序章はすでに始まっています。

 翻って日本製のGore-tex シームテープの劣化を調べるべく、倉庫から引っ張り出したのはGore-texで作った1984~5年に営業に使っていた3レイヤー「袋」と1990年頃製造の2レイヤー「ストレージバック」の2点。

 3レイヤーゴア製の「袋」は防水・透湿性を理解しない(しようとしない)ショップへ店頭に水を入れ数日放置を実演した現物。水が漏れること無く透湿の為に内部の水が減っていく現象を目の当たりにしてGoreの性能を理解してもらっていた“Gore-texの黎明期”の苦労が偲ばれます。
3レイヤーGore-texのシームテープは3レイヤー用。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Gore-tex Seam 1980s Japan Made ゴアテックス Gore-tex シームテープの検証(2)

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Gore-tex Seam 1980s Japan Made ゴアテックス Gore-tex シームテープの検証(3)

 「ストレージバック」は乾燥期に乾かしたスリーピングバックやダウンジャケットを高温多湿な梅雨の季節から少しでも保護出来ないかと試作してもらいました。
2レイヤーGore-texには3レイヤー用に比べ基布も溶剤も薄い2レイヤー用のシームテープ。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Gore-tex Seam 1980s Japan Made ゴアテックス Gore-tex シームテープの検証(4)

 どちらも水を満たし圧力をかけてみましたが、いまだに水漏れも無くテープも剥がれません。表地からの水の侵入でシームテープの崩壊を招いた状況を再現する為に生地を裏返し水を満たし圧を掛けてみても水漏れはありませんでした。2レイヤー「ストレージバック」にいたっては、20リットル!の水圧にも薄い2レイヤー用シームテープに異常なし。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Gore-tex Seam 1980s Japan Made ゴアテックス Gore-tex シームテープの検証(5)

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Gore-tex Seam 1980s Japan Made ゴアテックス Gore-tex シームテープの検証(6)

 国内製造のGore-tex・シームテープで劣化の兆候は発見出来ませんでした。
使用頻度の高い製品でシームテープの「剥がれ」は確認できますが、USA製造のような溶剤劣化で驚きの粉状になる現象は手持ちの製品では見られませんでした。

 USAシームテープと日本国内で使われているシームテープとの性能の違いなのか断言はできないものの、シームテープの劣化は静かに進みやがて崩壊、縫い目の防水性能が無くなるのは確実です。

 消費者はどうやってその崩壊の日に備えればよいのでしょう。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Goretex | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Gore-tex ゴアテックス神話の崩壊。その2 MMW

JUGEMテーマ:スポーツ
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Gore-tex ゴアテックス神話の崩壊。その2 マーモット・マウンテンワークス社アルピニストシリーズ(1) 
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Gore-tex ゴアテックス神話の崩壊。その2 マーモット・マウンテンワークス社アルピニストシリーズ(2)

 完成度の高さでスペシャリストからも絶対の信頼を得ていたMarmot Mountain Works社製ALPINIST JACKET & BIBもシームテープの「劣化→崩壊」から逃れることはできませんでした。

 1980年初頭シームテープが開発された当時、構造上ジッパー縫い付け部裏側からシームテープを貼ることができませんでしたが、その後改良されウイークポイントだったジッパー縫い付け箇所にもシームが貼られる様になりました。

 当初、なるべく縫い目を作らないデザインを模索していたアウトドアメーカーが、シームテープの登場により縫い目の多い立体的で色の組み合わせで生じる縫い目の出来るデザインへ変化。縫製箇所の上へ熔着するシームテープは縫い目を加重から保護する副産物的効果もありました。

 そのシームテープの崩壊はメーカーを問わず、1980年代、1990年代のMade in U.S.A.のGore-Tex製品に如実に始まっています。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Gore-tex ゴアテックス神話の崩壊。その2 マーモット・マウンテンワークス社アルピニストシリーズ(3)

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Gore-tex ゴアテックス神話の崩壊。その2 マーモット・マウンテンワークス社アルピニストシリーズ(4)

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Gore-tex ゴアテックス神話の崩壊。その2 マーモット・マウンテンワークス社アルピニストシリーズ(5)

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Gore-tex ゴアテックス神話の崩壊。その2 マーモット・マウンテンワークス社アルピニストシリーズ(6)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Goretex | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Gore-Tex ゴアテックス神話の崩壊

JUGEMテーマ:スポーツ

モノシリ沼 555nat.com アウトドア温故知新 Gore-Tex ゴアテックス神話の崩壊 (1)
モノシリ沼 555nat.com アウトドア温故知新 Gore-Tex ゴアテックス神話の崩壊 (2)

 Gore-Texの縫い目から水の侵入を防ぐシームテープの劣化についてMarmot Mountain Works All Weather Parkaの顛末を書きましたが、その後湧いた疑問を解明する為1980年代に購入したROCKY社製Gore-Texソックスで検証。

 久し振りに見たこのGore-Tex製ソックス、履き難いため実際に使用したことの無い新品同様のまま20数年が経過。一見した感じではしっかりとシームテープは圧着され水一滴も漏らさぬ仕上がり。

 ところが水を入れ少し圧をかけたところシームテープより漏水!
最初は1,2箇所からの水滴を確認、よくあるコンプレッサーの温度不足による接着不良かと思ったのも束の間、テープ自体が剥がれ水は漏れ放題。

 Gore-Tex製のジャケット類は表地縫い目を触るとシームテープが貼ってあるのが確認出来るので、まさか内部で劣化が進みシームテープが剥がれ落ちているなど露ほども思わず安心していましたが、実際はシームテープの接着材が縫い目の左右に残っているだけで防水効果はまったく無くなっています。

 接着溶剤は三温糖の如く劣化し縫い目は露出、シームテープを貼り直す処理はパーツをばらす他無くフロントジッパー縫い目など細部にシームテープを貼るのは不可能な状態。Marmot Mountain Works All Weather Parkaの解体で理解したつもりのシームテープ劣化は想像以上に酷く、使用頻度の多い少ない、洗濯のある無しは全く関係ない事が分かりました。

 経年劣化した溶剤は縫い目からの水の侵入を引き金に一挙に崩壊するので、アウトドアでの行動中に雨が降り縫い目に水が侵入すると・・・・・・想像するのも嫌な事ですがそれが現実のようです。

モノシリ沼 555nat.com アウトドア温故知新 Gore-Tex ゴアテックス神話の崩壊 (6)
モノシリ沼 555nat.com アウトドア温故知新 Gore-Tex ゴアテックス神話の崩壊 (3)
モノシリ沼 555nat.com アウトドア温故知新 Gore-Tex ゴアテックス神話の崩壊 (4)
モノシリ沼 555nat.com アウトドア温故知新 Gore-Tex ゴアテックス神話の崩壊 (5)

 Dannerを代表するダナーライトや防水を売りにしたゴアブーティ仕様のシューズ等、Gore-Tex自体は異常が無くても縫い目に貼られたシームテープの寿命があるのですからいつかは機能が損なわれる日が来る事になるでしょう。メーカーの責任として、「製造後〇年」の性能保証を表示すべきだと思います。

 Gore-Tex神話の崩壊・・・シームテープが劣化した製品は縫い目からの雨の侵入にはまったく役に立ちませんので、vintage Gore-Tex製品をお持ちの方、オークションや古着店での購入をお考えの方は防風性能と生地自体の防水性能は維持している優秀な?、ウインドブレーカーとして使う事をお勧めします。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Goretex | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |