モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

アウトドアのバイブル、The New Complete Walker ニュー・コンプリート・ウォーカー

JUGEMテーマ:地域/ローカル
モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. The New Complete Walker アウトドアのバイブル コリンフレッチャー (1)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. The New Complete Walker アウトドアのバイブル コリンフレッチャー (4)

アウトドアのバイブルと言えば、コリン・フレッチャー/Colin Fletcher著の「The New Complete Walker/ニュー・コンプリート・ウォーカー」です。この本は1968年に出版された「The Complete Walker」がアップデートされて1974年に出版されたものです。

1968年版の「The Complete Walker」は残念ながら日本語版が出版されることはありませんでしたが、改訂版の1974年発行「The New Complete Walker」は米国での出版から遅れること4年、1978年に日本語版「遊歩大全」として国内発売されました。

翻訳は日本に欧米型のアウトドアライフスタイルを紹介し根付かせてくれた先人のひとり、芦沢一洋氏の手によるものでした。さすがにとても分かりやすい内容で訳されています。ご興味のある方はぜひ日本語版を手に取ってみてください。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. The New Complete Walker アウトドアのバイブル コリンフレッチャー (2)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. The New Complete Walker アウトドアのバイブル コリンフレッチャー (3)

さてそんなアウトドア・バイブル、「The New Complete Walker」日本語版は北米アウトドアスタイルに首ったけの当時の自分には憧れの書物でした。当時の販売価格は1,600円。非常に高価な本でした。しかも上下巻の2冊構成。2冊購入するとなると3,000円超え。10代後半の自分にはかなり痛い出費だったことを思いだします。

バイブルのページをめくってみると文字ばかり。少し前に発売されていた写真満載のカタログ本「Made in U.S.A.」や豊富な写真やカッコいいイラストの掲載されているアウトドア・メーカーのカタログにすっかり慣らされてしまっていた身には戸惑いを隠せない文字の多さでした。

ところどころに挿絵のようなイラストが載っています。説明のためのものはお世辞にも上手だとは言い難いものばかり。イメージで描かれたイラストは上手に描かれていましたが、それは日本語版だけに加えられたイラストだとわかりました。

いずれにしろ、「The New Complete Walker」はアウトドアのバイブル。写真がなくても、イラストが少なくても、文句を言ってはいけないものだと、しきりに自分を納得させたものでした。


モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. The New Complete Walker アウトドアのバイブル コリンフレッチャー (14)

オリジナル「The New Complete Walker」(英語版)と日本語版の違いは追加されたイラストだけではありません。大きな違いがもう二つ。

なんと「The New Complete Walker」(オリジナル英語版)は上巻、下巻の2冊ではなくて1冊でした。しかも本のサイズも違う。日本語版の約1.6倍の大きさです。タテ24センチ×横15.5センチ、厚さ3.8センチ。まさにバイブルという名に恥じない風格、重厚なハードカバーでした。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. The New Complete Walker アウトドアのバイブル コリンフレッチャー (12)

日本語版の小さなサイズ、薄い表紙、ビニールのカバーなどはどうしても見劣りしてしまいます。せっかくのバイブルが仕様変更されて日本で出版されたのは残念です。日本語版の作りのチープさは否めません。

*1980年代、上下巻2冊の日本語版が改訂され、1冊になりました。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. The New Complete Walker アウトドアのバイブル コリンフレッチャー (10)

さて、「The New Complete Walker」日本語版を手に入れた当時は、アウトドア・バイブルの肝心な“教え”などはそっちのけで、巻末付録のアウトドア・メーカーのメールオーダー・リストを穴が開くほど見て毎日を過ごしていました。夢のような北米のアウトドアライフに思いを馳せる妄想のガイドブックだったわけですね。

それから何度か読み返しているうちに、無駄なカネを使わずにアウトドアを最大限に楽しむノウハウが詰まった書であることを遅ればせながら知ることになりました。「身も心もひどく痛めつけられ、傷ついたときでも、薬の世話にならずに元気を回復できる唯一の妙薬がウォ−キングである」とコリン・フレッチャーは語っています。また、増加するバックパッカーによって自然そのものの存在が危機に瀕していることへの警告やプラスチック用品の使い捨てに関する倫理的規範といった現在でも問題視されていることが既に書かれています。自然保護に関する教えも学ぶことができます。

コリン・フレッチャーがバークリーの老舗アウトドア・ショップ『SKI HUT』のプライベート・ブランド「TRAILWISE/トレイルワイズ」の製品を愛用していたことは知る人ぞ知る話ですが、「The New Complete Walker」の中でもたびたび登場します。日本版の翻訳者、芦沢さんもTRAILWISEを愛用していたと聞きました。学生時代、TRAILWISE製品販売に少なからず携わっていた身としては、TRAILWISEとThe New Complete Walkerは今もセットで脳裏に刻まれています。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. The New Complete Walker アウトドアのバイブル コリンフレッチャー (5)
モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. The New Complete Walker アウトドアのバイブル コリンフレッチャー (6)
モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. The New Complete Walker アウトドアのバイブル コリンフレッチャー (7)
モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in U.S.A. The New Complete Walker アウトドアのバイブル コリンフレッチャー (8)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
温故知新 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

MAIL ORDER でカヌー購入 Mad River Explorer

JUGEMテーマ:スポーツ
モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA MAIL ORDER でカヌー購入 Mad River Explorer(1)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA MAIL ORDER でカヌー購入 Mad River Explorer(2)

1970年代からカナディアンカヌー購入を画策、当初は頑丈そうなアルミ製GRUMMANでした。アメリカで一度使ったのですが、どうも「味」に欠けた印象を感じ方向転換。トラディッショナルなテイストのOLD TOWNか、スタイリッシュなMAD RIVERのどちらを選ぶか頭を悩ませたものです。

さすがに大型のカヌーの個人輸入は無理だと思っていた矢先に救いの手を差し伸べてくれたのはREIジャパンサービスデスク(後のREI JAPAN)でした。ジャパンサービスデスクを立ち上げていた原田氏は日本国内で返品・交換手続きを行えるように日本のREIコンシューマーのサービス向上に尽力され、カヌー輸入にも力を貸してくれました。

船便で輸入され保護材でぐるぐる巻きにされたMAD RIVER ROYALEX EXPLORERを受け取りに行ったのは晴海の保管倉庫。当時乗っていた1989年購入チェロキーの屋根に乗せて帰宅、保管用に特注したGore-Texのカバーに包み屋上へ引き上げ保管する事数年、その後1990年のマンション竣工時、地下駐車場天井に特注で設置したカヌー保管棚で10年熟成され・・・進水式は湖では無く南伊豆の子浦でした。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA MAIL ORDER でカヌー購入 Mad River Explorer(3)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA MAIL ORDER でカヌー購入 Mad River Explorer(4)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA MAIL ORDER でカヌー購入 Mad River Explorer(5)

台風で時化の時でも波の立たない子浦湾はシーカヤックのスクールもあり、カナディアンカヌーでも快適に遊べるこの子浦は、長い間鎖国をしていた日本が開国する黎明期、荒天で漂流しアメリカ船に救助された船乗りや幕末の志士達立ち寄りの記録が残ります。
購入後数十年を経て漸く、それも想定外の海水で!進水式を迎えたMAD RIVER ROYALEX EXPLORER、この長閑な海が終の棲家となりました。

メールオーダーしたMAD RIVERのミニチュアカヌー、パドルとの縮尺が違うのは御愛嬌、部屋の片隅でカヌー気分を漂わせ子浦へと気持ちを誘います。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA MAIL ORDER でカヌー購入 Mad River Explorer(6)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA MAIL ORDER でカヌー購入 Mad River Explorer(7)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA MAIL ORDER でカヌー購入 Mad River Explorer(8)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA MAIL ORDER でカヌー購入 Mad River Explorer(9)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
温故知新 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

超弩級な明るさ・・・・Qビーム

JUGEMテーマ:スポーツ
モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Q-BEAM(1)

5Gの衝撃に耐えるABSプラスチックボディ、驚異的な300.000CP数キロ先まで照らす明るさの源は12V電源仕様のQ-BEAM。
アメリカのパトロールカーや船舶に装備された信頼のライトです。

1980年代の日本国内価格は20.000円前後と高価なライトでした。

購入したのは1989年、カリフォルニアのK-MART、コールマン製品などが並ぶ棚に無造作に展示され価格は数十ドル。購入動機は安い価格と300.000CPと表示された未知の明るさへの興味でした。

初照射はチェロキーリミテッドを電源として自宅駐車場から数百メートル離れたビル、恐ろしさを感じる明るさは照射を躊躇うほどでした。

購入から20数年・・・Q-BEAMが役立つ場面に遭遇していないのはきっと喜ぶべきことなのでしょう。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Q-BEAM(2)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Q-BEAM(3)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Q-BEAM(4)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Q-BEAM(5)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Q-BEAM(6)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
温故知新 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

NICE BREEZE ・・・ ハンモックチェア

JUGEMテーマ:地域/ローカル
モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Swings n`things House of Hammocks ハンモック (1)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Swings n`things House of Hammocks ハンモック (4)

1989年、SAN DIEGO BAY沿いにあったハンモック専門店「Swings n`things House of Hammocks」。

入口横のレジ、このハンモックチェアに座った店員の金髪がSAN DIEGO湾からの微風に靡いた一瞬、伏せ目がちの彼女が「Nice Breeze」と呟いた。「あー、ここは確かにカリフォルニアなのだ」と実感。目の前の風景ごと日本に持ち帰りたい衝動に駆られましたが、叶わないまでも少しのテイストを持ち帰るべく速攻で購入したハンモックチェア。

数色の中から選んだのはSAN DIEGOの風と海の色を連想させたSKY BLUE。包装紙も無く薄黄色の円筒形ケースに入れられ手渡されたのも爽やかでした。

木造の部屋の天井を壊して吊るしたり、鉄筋コンクリートの天井にアンカーを打ちこんで吊るしたりと、優雅な揺らぎを実現させるには後先を考えない思いきりと家の躯体を破壊する後ろめたさを克服しなければなりません。

今は三件目の設置場所となる某有名インド料理店の薄暗い天井裏に加重2トンのアンカーとクライミングスリング、カラビナにジョイントされ陽のあたる日を待っています。

Spice Breezeに晒されたハンモックチェア、使う人物、場所でこんなにも異質な光景が目の前にあるのが信じられません。

嗚呼、あの日の美しい思い出は何処へ・・・

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Swings n`things House of Hammocks ハンモック (2)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Swings n`things House of Hammocks ハンモック (6)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
温故知新 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Made in USAの座椅子。CRAZY CREEK CHAIR

JUGEMテーマ:地域/ローカル
モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 The Crazy Creek Chair 1989 (1)

CRAZY CREEK CHAIRとの出会いは1989年、日本の家庭にあった座椅子がカラフルに生まれ変わった事にビックリ。

座る文化先進国である我が国で開発されなかった事になんとも複雑な思いでした。

軽量で持ち運び可能な大きさとシンプルながらも腰を支える座り心地と枕の様に使えるPower Lowngerの出来栄えにアイデア一つで起業するアメリカの自由の奥深さを感じたものです。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 The Crazy Creek Chair 1989 (2)

当時流行り出したスタントカイトをCRAZY CREEK CHAIRに座りながら操るのもなんともアメリカンな気分。

友人にも頼まれてMail Orderしたり、仕事で渡米した時に立ち寄ったBerkeleyのMarmot Mountain Worksで購入したりしたのも楽しい思い出です。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 The Crazy Creek Chair 1989 (3)

カタログにあるChild は実物を見たことがありませんでしたが、Regular, Large, Power loungerの3タイプがありました。

最近のCRAZY CREEK CHAIRを見ると着実に進化しているようで喜ばしく思ってしまうのも年齢の為なのかもしれません。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 The Crazy Creek Chair 1989 (4)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 The Crazy Creek Chair 1989 (5)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
温故知新 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

モノシリ沼。いつもお立ち寄りいただき誠にありがとうございます。

JUGEMテーマ:スポーツ
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 2013.12

いつもモノシリ沼にお立ち寄りいただき誠にありがとうございます。

モノシリ沼はまったくの個人的趣味の領域でスタートしたブログです。僕と友人、そして555nat.comのウェブマスターの3人で2006年から始めました。

モノシリ沼は1970年代、1980年代に生産され、僕らが実際に使っているアウトドア製品を取り上げています。古き良き時代を懐かしむ懐古趣味的ブログ、モノ好きコレクター的ブログなどと”勘違い”されることもあります。でも、そうではありません。

製品を通して見えてくるもの、つまり、僕らモノシリ沼住民が大きな影響を受け、今もリスペクトしてやまない、当時(1970年代、1980年代)のアウトドア製品製造販売会社の開発者たちやオーナーたちの素晴らしい「製品づくりのポリシーと情熱」、 「フィールドテストからフィードバックされた斬新なアイディア」、「人間としてあるべき自然回帰の精神」を自分たちのアーカイヴとして書き留めておこうと考え、ブログをスタートしました。

これからもモノシリ沼の記事はコツコツ掲載を続けていきます。まだ紹介していない記事はけっこうあります。当分ネタが尽きることはないと思います。このペースだとあと5、6年くらいは大丈夫です。 あまりお役に立たない記事かと思いますが、引き続きよろしくお願いします。

モノシリ沼住民一同より
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
温故知新 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

経年劣化・・・意外な別れ。Clarks クラークスの終焉

JUGEMテーマ:スポーツ

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 経年劣化・・・意外な別れ。Clarks クラークスの終焉(1)

 似合わないのは分かっていたので購入を見送り続けた、デザートブーツやワラビー等で有名な英国シューズブランド、Clarks。
Made in U.S.A.を基本とするモノシリ沼ですが、アメリカで購入したという事でお許し頂きたいと思います。

 乾燥した冬を前に靴のメンテナンスをしていた先日の出来ごと、購入後10年以上履いていなかったClarksもブラッシング。健康維持のため最近始めたマンション高層階へ階段で登頂する日々に久し振りにClarks登場も良いのでは、と履いたところ、どうも妙な足裏のソール感触・・・・脱いで見たところ異常なし?

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 経年劣化・・・意外な別れ。Clarks クラークスの終焉(4)

 何気なく指でソールを押してみたら何とポッコリと穴が!
一瞬何が起きたのか理解できない光景が目の前にありました。これが巷で聴いた「加水分解」なのかと気を取り直し、妙に感心しつつ、ソールを指でつまむと食パンの耳を千切るほどの力でボロボロとカステラの様に朽ち果てさほど使用感の無い革の靴上部とのアンバランス感でめまいがしました。
同じ年数を経てもメンテナンスさえしっかりしていれば履きやすさと輝きを維持しているトラディッショナル系の靴と見比べ、あまりにも短命だったClarks。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 経年劣化・・・意外な別れ。Clarks クラークスの終焉(2)

 石油由来の原料を素材とする製品の運命とは言え靴だけにあまりにも履かない(儚い)終焉に栄枯盛衰の言葉が脳裏に浮かびます。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 経年劣化・・・意外な別れ。Clarks クラークスの終焉(3)

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
温故知新 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Sleeping bag ブランド別ストレージバックへの想い

JUGEMテーマ:スポーツ

モノシリ沼、555nat.com、アウトドア温故知新、1970-80年代ストレージバッグ (1)

 1970年代のアメリカ製品情報が怒涛の如く押し寄せて来た時代。その手の本に紹介されていたストレージバックの呼称と説明は「ランドリーバック」「アメリカの若者は洗濯物をこの袋へ入れコインランドリーへ行くのだ」。

 産まれたての雛が最初に動く物を親と認識するように刷り込んでしまうのと同様、何でもかんでも鵜呑みにするほど当時のアメリカ製品の情報は魅力的で輝いていました。

 スリーピングバッグの保管用の袋として別売もされていたストレージバックはお金の無い若者にも購入出来るアウトドアブランド入門製品のひとつでした。

 この袋にダウンジャケット等を入れて部屋に吊るせば気分はもうアメリカ・・・・・などと浮かれていたのも懐かしい思い出です。

 ダウンジャケットよりも複雑で高い縫製技術を要するスリーピングバッグを見ればそのブランドのクオリティが分かりますが、保管に関してもこのストレージバックに込めた各社の考えや思いが伝わってきます。

モノシリ沼、555nat.com、アウトドア温故知新、1970-80年代ストレージバッグ (2)

 1970〜80年代、憧れは天然素材のコットン製The North Face(1990年代にデザインが変わり色も数種、日本製はおかしなデザインでしたが)。スリーピングバッグ『NINBUS』購入時に付いてきたSierra Designs社のナイロン製は意外でした。

モノシリ沼、555nat.com、アウトドア温故知新、1970-80年代ストレージバッグ (3)

 Marmot Mountain Works社もボトムが四角い形状のナイロン製。1980年代後半MMWは購入時期によりコットン製で数種類のデザインを展開。

モノシリ沼、555nat.com、アウトドア温故知新、1970-80年代ストレージバッグ (4)

モノシリ沼、555nat.com、アウトドア温故知新、1970-80年代ストレージバッグ (5)b

 Western Mountaineering社は他社より大きくダウン製品をなるべく圧縮しないで保管できる形状で企業理念を感じます。

モノシリ沼、555nat.com、アウトドア温故知新、1970-80年代ストレージバッグ (6)b

 REIは良くも悪くもREIらしい風合い。ロゴもデザインも無いつまらない代表はFeathered Friends社(あまりにも味気ないので写真も無し)、細長いデザインのコットン製のストレージバックはダウン製掛け布団に使用されるコットン生地でした。

モノシリ沼、555nat.com、アウトドア温故知新、1970-80年代ストレージバッグ (7)

 CAMP7社やWilderness Experience社も味のあるストレージバックです。

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 ストレージバッグ ウィルダーネスエクスペリエンス

 材質やデザインの違いで各社の感性の違いが分かり楽しめます。このストレージバックの他には小物やスリーピングバッグ、ダウンジャケット等を入れるスタッフバッグも各社の違いが見てとれマニアックな楽しみですが、それはまたいつの日か・・・・・ 

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
温故知新 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

レスキュー用具「ストライカー」Made in USA

JUGEMテーマ:地域/ローカル
温故知新番外編 レスキュー用品 ストライカー Made in USA モノシリ沼 555nat.com (1)

3.11以降、防災備品を備え食糧を備蓄する家庭や自治体は確実に増えた。いつ起きるか分からない震災に備えるということは目には見えない不安にどの程度の資金を回せるか、どんな備品を購入するかで差がついてしまいます。

温故知新番外編 レスキュー用品 ストライカー Made in USA モノシリ沼 555nat.com (2)

2012年、町会の防災庫完成に伴って支給された防災用具一式。日本中で防災用具の中に必ず入っている「バール」。被災時に崩れたコンクリートや開かなくなった鉄製ドアを開けるのに本当にバールで救出できるのか?この疑問から数年前にマンション管理組合で購入したのはアメリカ製 レスキュー用具「ストライカー」。
 
温故知新番外編 レスキュー用品 ストライカー Made in USA モノシリ沼 555nat.com (3)

いくら高性能の用具を持っていたところで実際に使いこなせず役に立たないのはアウトドア用品で経験済み。近隣の再開発地域で壊す建物を借りることが出来たので防災用具を試す機会が訪れました。強化ガラスを割ってみたりロックされたドアをこじ開けたりと普段の生活では体験できないレスキューExperience!

温故知新番外編 レスキュー用品 ストライカー Made in USA モノシリ沼 555nat.com (4)

くぎ抜きの大型版バールでは太刀打ちできないコンクリートの破砕や鉄製ドアの破壊に抜群の性能を見せつけたストライカー。伸縮する本体をベースに用途別に数種類の先端部を交換することで車の解体も可能、手元のポールをスライドさせて打ち付けることで先端部へ力が集中し破壊や破砕が簡単にできる機能はさすがアメリカ製品、日本のバールとは本気度が違います。

温故知新番外編 レスキュー用品 ストライカー Made in USA モノシリ沼 555nat.com (5)

無いよりはあった方が良い「バール」や「つるはし」ですが、ストライカーと比較すると戦時中の竹槍とマシンガン、爆弾とバケツ消火程の差を感じてしまいます。原発事故に対する事前の備えの甘さと事故後のぬるすぎる対応などを見ると、本気で国民の安全や防災を考えているとはとても思えない悲しい国、日本。戦後70年も経っているのに日本の防災対策はまだまだ竹槍クラスと認識することから改めるのが肝要かと思います。

温故知新番外編 レスキュー用品 ストライカー Made in USA モノシリ沼 555nat.com (6)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
温故知新 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

代理店の責任とは・・・・

JUGEMテーマ:スポーツ
North Face VE-24のスペーサー モノシリ沼 555nat.com

消えたNorth Face VE-24のスペーサーの件は代理店であるGW社に問い合わせしたところテントスペーサーが何のパーツかも分からない「カスタマーセンター」社員が対応、当初より無償交換など頭には無い応答で予想した通り保証できないとの答えでした。

変形したり硬化したりの経年劣化ならば仕方ありませんが、スペーサーその物が消えてしまったのでは納得出来ません。これがアメリカ本国のカスタマーサービスへ問い合わせると「パーツは無償で送ります。消えたパーツの粉でも残っていたら送ってほしい、何故ならば劣化した原因を知り製品にフィードバックさせたい。」との回答。

命を守る道具に対する姿勢が全く違う事に驚くと共にアウトドアブランドの企業理念は一切代理しない国内代理店にはほとほと失望させられます。

所詮一介の代理店はブランドポリシーなど経費の掛る面倒な事は継承せず、売りっぱなし、日本国内用に増産した商品にブランドマークだけを付けて販売しているだけなのを確信する出来事でした。 
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
温故知新 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |