モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スタッフサックから見えるA-16の成功とは

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80s アウトドア温故知新 スタッフサックから見えるA-16の成功とは(1)

西海岸リティルストア巡りをしていた1984年、L.A. Pico BIVにあるA-16を訪れたのは旅も後半でした。

当時のA-16は、有名ブランドはもちろん、テント、スリーピングバッグ、フレームパックやダウンガーメント等、オリジナル製品にも力を入れており、Gore-texを肩部にのみ使用したダウンジャケットやウェストコースト以外では使えないようなテントなどユニーク(変な?)な製品で楽しませてくれたものです。

ビブラムソールをプリントしたオリジナルTシャツは今でも扱っているロングセラー、お土産に小物を探すのにはもってこいのショップです。

1984年に購入したのか1989年に購入したのかもはや定かではないA-16スタッフサック、コーディラナイロン製とナイロンタフタ製を選んだ記憶も曖昧ですが、裏返せば縫い目に生地を被せ縫いする丁寧な仕事、開口部に付けた円形フラップの生地まわりにまで被せ縫いするとは驚きでした。

多くのアウトドアブランドとショップが淘汰されていく時代の流れの中で、堅実に経営を続けていられるのは、確かな製品セレクトは勿論のこと店内でダウン製品の洗濯を請け負うなど見えない場所にも気を配るA-16のスタッフサック同様、地道に顧客に信頼されている証しと言えるでしょう。

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80s アウトドア温故知新 スタッフサックから見えるA-16の成功とは(2)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80s アウトドア温故知新 スタッフサックから見えるA-16の成功とは(3)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80s アウトドア温故知新 スタッフサックから見えるA-16の成功とは(4)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80s アウトドア温故知新 スタッフサックから見えるA-16の成功とは(5)JUGEMテーマ:スポーツ


 
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
A16 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

LOS ANGELESの思い出漂うA-16カトラリーシステムポーチ

JUGEMテーマ:スポーツ
モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 LOS ANGELESの思い出漂うA-16カトラリーシステムポーチ(1)

 1984年聖地Berkeley・YOSEMITE巡礼の旅を終え向かった先は LOS ANGELES 。サンフランシスコとは違う圧倒的な広さに背中のD-3とソールのすり減ったCONVERSE ALL STERと共に立ちつくした思い出の地。車無しではどうにもならない敗北感と、お世話になった友人の親戚宅のトレーラーハウスや大型キャンピングカー・・・・・

 奥様は魔女、アダム12を見て豊なアメリカに憧れ育った世代には、食品が溢れかえったスーパーマーケットと大型冷蔵庫、閑静な住宅街はまるでテレビの中に入ってしまったかの様なアメリカ文化初体験。

 他力本願なLOS ANGELES滞在は治安の良いガーディナー市でスタート、その後ハリウッドに住む友人宅へ転がり込み車で連れて行ってくれたのがA-16。

 肩部にのみGore-texを使ったオリジナルダウンジャケットやユニークなテントと共にあったのがこのカトラリーポーチ。

 箸があれば事足りる日本の食文化とは違う、自然の中へキッチンを運び出すカトラリー専用ポーチはアメリカの余裕を感じるGoodsの一つでした。ボタンで着脱出来るメッシュポケットにA-16のささやかなオリジナリティが感じられます。

 このポーチにレキサン製のナイフ・スプーン・ホークの三種の神器、カメラフィルムケースが調味料入れになるアダプターは別売りでしたが、バックパッカー気分を味わえるこの一品は必需品と言えるでしょう。

 このセットをバックパックに入れて持ち歩き、食事時に近くの木やテントポールに吊り下げるシーンは心を豊かにしてくれました。

 日焼けし退色したカトラリーシステムポーチですがちょっと地味目なタグは当時のまま、手も足も出なかったLOS ANGELESの広大さと共に思い出の一品です。

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 LOS ANGELESの思い出漂うA-16カトラリーシステムポーチ(2)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 LOS ANGELESの思い出漂うA-16カトラリーシステムポーチ(3)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 LOS ANGELESの思い出漂うA-16カトラリーシステムポーチ(4)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 LOS ANGELESの思い出漂うA-16カトラリーシステムポーチ(5)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 LOS ANGELESの思い出漂うA-16カトラリーシステムポーチ(6)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 LOS ANGELESの思い出漂うA-16カトラリーシステムポーチ(7)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
A16 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

カリフォルニアブリーズ A-16

JUGEMテーマ:スポーツ

A16(1) モノシリ沼 555nat.com

1984年のアウトドア聖地巡礼の旅の後半、歩いても探索出来るサンフランシスコから移動しLAに到着して感じたのはあまりに大きく車無しでは手が出ない失望感でした。

LAに着くまで連絡取れなかった友人となんとか会う事が出来て、ハリウッドの路地に居候、案内してもらったショップがサンタモニカブルバードの近く、ピコブルバードにあったA-16。

当時のA-16はオリジナル製品のフレームパック、ダウンジャケットや小物類の展開しながら店内の他社製品は良いセレクトで胸躍るものでした。オリジナル製品はユニークで肩部にのみGORE-TEXを使用したダウンジャケットやドライな気候のカリフォルニアのみ使用可能なテント等、記念に購入したのはディパックとポーチ、カトラリー収納ケース。
A-16らしい配色のディパックは下部ベルトホルダーが“べた縫い”され、ストラップを通すことが不可能なのも御愛嬌な“MADE in KORIA”。誰かに寄贈したらしく手許にありません。

その後再訪したのは1989年でしたが、店舗拡張し、ダウン製品をクリーニングする洗濯機も設置し、フリーウエー横にあるとは思えない静寂な店内とバランスの取れた商品構成にA-16の進化を見ることが出来ます。
レドンドビーチやサンディエゴ等にある店舗もゆるい空気が流れ、REIなど行くよりずっと満足感得られるショップとしてお勧めです。

A16(2) モノシリ沼 555nat.com
A16(3) モノシリ沼 555nat.com
A16(5) モノシリ沼 555nat.com 
A16(4) モノシリ沼 555nat.com

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
A16 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |