モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

最強のレクタンギュラースリーピングバッグ Eddie Bauer HEAVYDUTY SLEEPING BAG

JUGEMテーマ:スポーツ
モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Eddie Bauer HEAVYDUTY SLEEPING BAG(1)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Eddie Bauer HEAVYDUTY SLEEPING BAG(9)

1970年代のEddie Bauerのカタログで見た「HEAVYDUTY SLEEPING BAG」は自分のスリーピングバッグの概念を覆す形状、長方形の四隅が立った!?ダウン製スリーピングバッグなど信じられませんでした。

カタログ撮影時にはロフトを演出する為に詰め物をしたりする事もあるのですが、1980年初頭に池袋の丸井アウトドア館に展示されていたHEAVYDUTY SLEEPING BAGの実物はカタログに偽りなし、の怒涛のロフト、カタログ写真の様に四隅が立っていました。

スリーピングバッグはそのブランドのダウンに対する考え方やノウハウが良く分かる製品ですので、クオリティの良し悪しでブランドの「程度」が分かります。主にマミー型のスリーピングバッグの機能美を追求していたので、対極にあるでかくて無骨なHEAVYDUTY SLEEPING BAGに食指は動かなかったものの、頭の片隅に気になる製品の一つとして存在は消えませんでした。

その後、迷ったら買う!の家訓を守りアメリカで購入したHEAVYDUTY SLEEPING BAGは1970年代モデル、別売りのデラックスキャリーバックも同時購入、家訓に背き購入しなかった別売りのダウンフードは痛恨の極み。スリーピングバッグを圧縮しロールするフード取り付けジッパーに装着出来るコード付きの生地は付属品。

4lbs(約1.800g)のBauer Goose Downを4Layer Over Lapping Tubeに封入、インナーはダクロン×コットンの65/35、アウターは意表を突くRAMAR 社製58Cotton×42NYLONブレンドの60/40。適正快適温度はEddie Bauerとしては控えめな-30°F(約-22°)。ブラスジッパーはHEAVYDUTY 感ありありのCROWN製、インナーに別売りのシャモアクロスインナーを取り付けるループを装備し汚れを防ぐと共に温かな肌触りと快適な眠りを約束してくれるでしょう。

所有する楽しさを与えてくれるMade in USAはスペックとは別物の心を温かくさせてくれる効果があります。

EXPEDITIONでは無く、HEAVYDUTY SLEEPING BAGのネーミングはハンティング用 スリーピングバッグ用として位置づけされていた証しです。無骨なデザインと相まってルーミーなインナー、乱暴に扱ってもヘタることの無い60/40のアウター、高いロフトを提供してくれる4Layer Over Lapping Tube構造は重く嵩張ると言ったマイナス要因よりも大切な睡眠とは何かを問い掛けています。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Eddie Bauer HEAVYDUTY SLEEPING BAG(2)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Eddie Bauer HEAVYDUTY SLEEPING BAG(3)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Eddie Bauer HEAVYDUTY SLEEPING BAG(4)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Eddie Bauer HEAVYDUTY SLEEPING BAG(5)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Eddie Bauer HEAVYDUTY SLEEPING BAG(7)



モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Eddie Bauer HEAVYDUTY SLEEPING BAG(8)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Eddie Bauer HEAVYDUTY SLEEPING BAG(10)

▼ デラックスキャリーバック
モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA Eddie Bauer HEAVYDUTY SLEEPING BAG デラックスキャリーバック
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Eddie Bauer | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |

フル装備なダウンベスト。Eddie Bauer 1980s BLIZZARD MASTER VEST

JUGEMテーマ:スポーツ
モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Eddie Bauer 1980s BLIZZARD MASTER VEST エディバウアー・ブリザードマスターベスト(1)

 手軽に羽織ることの出来るダウンベストが日本に入って来たのは1970年代中頃でしょうか。アメリカの雰囲気漂うダウンベストは購入せねばならないMade in U.S.A.アイテムの中でも優先順位の高い一品。

 今でこそ寒い季節のドライブにはハンドリングが快適な、袖の無いダウンベストの恩恵を十分享受していますが、都内でタウンユースの着用時季を見定めるのに苦労したものです。

 ダウンベストのバリエーションを多く揃えていたEddie Bauer、ダウンベストの弱点を無くすべく開発したのが1981年発売のBLIZZARD MASTER VESTです。

 最大の特徴は肩口からの暖まった空気を逃がさず、寒気の流入を防ぐ為にアームホールバッフルと名付けたゴム入り肩口構造、アウターにベイヘッドポプリンを使用しバウアーダウンをシングルキルトで封入、ライナーにナイロン裏地を張り保温性を高めています。

 ダウンベストでは珍しいウエストドローコード、ハンティングテイスト漂うメッシュ製内ポケット、控えめなキドニーウォーマー、Eddie Bauerウインター衣料に共通のまちつきフラップカーゴポケットは伝統のハンドウォーマー仕様。

 ジッパーはスリング付きYKKダブルスライダー、スライダーを覆うストームフラップはEBマーク入りのブラス製ドットボタンで開閉、1980年代初頭に究極のダウンベストの登場と言えるでしょう。

 1983年日本国内価格66,000円はまさにBLIZZARD MASTER VESTに相応しい堂々の価格でした。

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Eddie Bauer 1980s BLIZZARD MASTER VEST エディバウアー・ブリザードマスターベスト(2)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Eddie Bauer 1980s BLIZZARD MASTER VEST エディバウアー・ブリザードマスターベスト(3)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Eddie Bauer 1980s BLIZZARD MASTER VEST エディバウアー・ブリザードマスターベスト(4)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Eddie Bauer 1980s BLIZZARD MASTER VEST エディバウアー・ブリザードマスターベスト(5)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Eddie Bauer 1980s BLIZZARD MASTER VEST エディバウアー・ブリザードマスターベスト(6)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Eddie Bauer 1980s BLIZZARD MASTER VEST エディバウアー・ブリザードマスターベスト(7)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Eddie Bauer | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

幻想的な暖かさ・・・エディ・バウアー Eddie Bauer ラグニットグラブ

JUGEMテーマ:スポーツ
モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 エディ・バウアー Eddie Bauer ラグニットグラブ(1)

 Wool 85% ナイロン15%のなんの変哲もない霜降りグローブは1980年代に購入したエディ・バウアー Eddie Bauer手袋。

 さすがに快適着用気温の記載はありません。

 手のひらに貼られたブラックレザーが毛糸製グローブとの違いを醸し出しているものの、1983年の日本国内価格は堂々の18.000円!

 濡れても暖かいウールの恩恵は十分でしたが、レザーはちょっと縮んだ様子、どんな過酷な状況下でも価格分は絶対に暖かいと幻想させるのは自己洗脳の賜物、Eddie Bauerブランドならでは、でしょう。

 U.S.A.価格が$18.5だなんて絶対に信じません! 絶対・・・・

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 エディ・バウアー Eddie Bauer ラグニットグラブ(2)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 エディ・バウアー Eddie Bauer ラグニットグラブ(3)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Eddie Bauer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

GLACIER PARKA? SUPER PARKA? エディバウアー・ダウンパーカ Eddie Bauer Down Parka

JUGEMテーマ:スポーツ
モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Eddie Bauer SUPER PARKA 1980s エディバウアー・スーパーパーカ(1)

 USA本国の名称は「GLACIER PARKA」、日本では「SUPER PARKA」の名称となり1980年に限定品として輸入されたスーパーパーカ SUPER PARKA。

 アメリカ本国価格$159 フードは別売りで$29.5、日本販売価格はフード付きで1980年 78.000円、82年 86.000円と国内価格が高額な為にSUPER PARKAと改名されたと思わせる価格設定でした。

 色はNavyとRed、日本国内用はXS〜Mサイズのみ、当時のEddie Bauerのサイズは他社より一回り大きめでした。

 ナイロンタフタのアウターの内部はシングルキルトに封入したBauer Goose Downを二枚重ねた、ヘヴィディューティ仕様、袖はシングルの潰し縫いながらボディと同じナイロンの裏地がつき保温性を高めています。

 ニット製の袖とドットボタンの付いた袖口、Eddie Bauerがカマーバンドと呼ぶパウダースカートで冷気をシャットアウト、もちろんアウターのまち付きカーゴポケット内側にはナイロンフェルト仕様でEddie Bauerの伝統を踏襲しています。

 パーカ裾内側の腰回り部に小物入れが装着、マウンテンパーカの背中ポケットやFilson ダブル・マッキノウクルーザー背面のフルキャリングポケット(ハンティングポケット)など、本来あるはずの無い場所に付いたポケットに何故か魅かれるポケットフェッチには堪らない仕様。

 パーカの自重1キロほどと軽量なのにマイナス40度の快適着用気温の設定、堂々の寒冷地仕様のくせに金属製ドットボタンを多用には驚かされますが、これはEddie Bauerだからこそ許されてしまうのでしょう。

 久し振りに開いたEddie Bauerのカタログ、日本仕様は前立てフラップにドットボタンとベルクロを装着、ダウンフードにダウン入りフェイスガードが取り付けられ、これらの仕様変更が「GLACIER PARKA」から「SUPER PARKA」へと名称変更になったと推察されます。

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Eddie Bauer SUPER PARKA 1980s エディバウアー・スーパーパーカ(2)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Eddie Bauer SUPER PARKA 1980s エディバウアー・スーパーパーカ(3)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Eddie Bauer SUPER PARKA 1980s エディバウアー・スーパーパーカ(4)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Eddie Bauer SUPER PARKA 1980s エディバウアー・スーパーパーカ(5)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Eddie Bauer SUPER PARKA 1980s エディバウアー・スーパーパーカ(6)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Eddie Bauer SUPER PARKA 1980s エディバウアー・スーパーパーカ(7)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Eddie Bauer | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

Eddie Bauer Heavy-duty KARA KORAM PARKA

モノシリ沼 1970s-80sアウトドア温故知新 555nat.com die Bauer Heavy-duty KARA KORAM PARKA 01

 探検用、狩猟用にAuthentic と呼ぶに相応しいダウン製品を 数多く展開していたEddie Bauerは東海岸のL.L. Beanと双璧をなす総合アウトドアサプライヤーでした。
過去形になってしまうのは何とも寂しい限りですが、現在のEddie Bauerに昔日の面影を探しても仕方無いのでしょう。

モノシリ沼 1970s-80sアウトドア温故知新 555nat.com die Bauer Heavy-duty KARA KORAM PARKA 02

 テントやバックパックはO.E.M.でこれといって優れた製品は見当たりませんが、ノーザングースから採取したBauer Goose Downには絶対的な自信を持っていた証しはFill Powerやフェザー混入率すら表示しないことからも分かります。
また、快適着用温度(Comfort Range)も堂々の高規格表示。まあ、この快適着用表示は希望的適正使用温度または行動時の、と注釈を付けたくなる甘い表示だと感じます。

 1975年Expedition KARA KORAM PARKAを軽量化したモデルとして発売されたHeavy-duty KARA KORAM PARKAはアウターに60/40、Bauer Goose Downを包み込むライニングにリップストップナイロン、フードは本体と一体になっており着脱は出来ませんでしたが、フード内に本体を収納出来る用途がありました。

モノシリ沼 1970s-80sアウトドア温故知新 555nat.com die Bauer Heavy-duty KARA KORAM PARKA 03

 袖口はVintageなニット、ハンドウォーマーにナイロンフェルトが内張りされているところがEddie Bauerウィンター衣料に共通する仕様。

モノシリ沼 1970s-80sアウトドア温故知新 555nat.com die Bauer Heavy-duty KARA KORAM PARKA 05

モノシリ沼 1970s-80sアウトドア温故知新 555nat.com die Bauer Heavy-duty KARA KORAM PARKA 04

 同時期にRip-stop Nylon製のULTORA LIGHT KARA KORAM PARKAも存在していました。1970年代、クラシカルなデザインと着脱出来ないフードは興味の対象外でしたが、1980年代後半に着脱フードになったことで購入、裏地がリップストップナイロンからナイロンへ変更されたのは自慢のBauer Goose Downのロフトが活かせない改悪の印象は否めませんでした。

 大人のブランドだったEddie Bauer、若輩者には着こなせず20数年クローゼットに眠ったままのHeavy-duty KARA KORAM PARKAでしたが、齢50を超え、なんとなく似合う年齢になったのを喜ぶべきか、経年劣化した風貌を見て考える今日この頃です。

モノシリ沼 1970s-80sアウトドア温故知新 555nat.com die Bauer Heavy-duty KARA KORAM PARKA 06

JUGEMテーマ:スポーツ
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Eddie Bauer | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

多目的ジャケット Eddie Bauer オールパーパスジャケット

JUGEMテーマ:スポーツ
Eddie Bauer オールパーパスジャケット(1) モノシリ沼 555nat.com

現行のEddie Bauerとは一線を画す、Eddie BauerがEddie Bauerらしかった時代、新興のアウトドアブランドとは違う総合アウトドアブランドの老舗としてL.L.BeanやAbercrombie & Fitchと共に不動の地位にあったEddie Bauer。へヴィーデューティな狩猟用ラインナップや遠征隊仕様のシリーズとは別にトラディッショナルテイストなダウンジャケットも販売していました。

Eddie Bauer オールパーパスジャケット(4) モノシリ沼 555nat.com

バラクータ社「G9」に憧れた世代にはウィンドブレーカー(日本ではスウィングトップと呼称)にダウンを封入した「クラシック ラグランジャケット」と共にダウンを詰めたジャンパー、この「オールパーパスジャケット」は避ける事の出来ないチョイスでした。60/40の生地にバウアーグースダウン、ラグランスリーブ、ハンドウォーマーポケットにはナイロンフエルトの内張り、袖口・襟・袖口にはストレッチニットナイロン。寒冷地仕様のダウンジャンパーにオールパーパスと命名したあたりがさすがです。

Eddie Bauer オールパーパスジャケット(3) モノシリ沼 555nat.com

前面の大型ブラスジッパーは裏にフラップも無く寒気が流入、適正使用温度 −10°〜−23°の表示には少々懐疑的ではありましたが購入せねばならない一着でした。そんな杞憂も都会では心配ご無用、Tシャツの上に羽織るオールパーパスはバウアーグースダウンの暖かさを直に感じられ快適でした。

Eddie Bauer オールパーパスジャケット(4) モノシリ沼 555nat.com 

いつしか着なくなったオールパーパスジャケット・・・・・成長を続ける体型の問題と共に肩を冷えから守る為に封入したダウンのロフトでジャミラ(分からない方はウルトラマン関連で御調べ下さい)的に肩が張って見える事も一因です。
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Eddie Bauer | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

EDDIE BAUER Mountain Parka 1970s エディバウアー・マウンテンパーカ

JUGEMテーマ:スポーツ

1970年代 エディバウアー マウンテンパーカ(1) モノシリ沼 555nat.com

EDDIE BAUER エディバウアー社 Mountain Parka は他社より「本気度」が違う、遠征隊気分の味わえるマウンテンパーカです。

1970年代中頃にアメリカで発表され日本国内で販売されたのは1980年ごろ、当時の価格33,000円、輸入代理店は「エバニュー」でした。

他のブランドと比べて一回り大きなサイズだったため、 国内のサイズ展開はXS,S、Mのみ。デルリンジッパーはダブルスライダー、左右ポケットインナーにナイロンフェルトが張ってありこれぞ本物のハンドウォーマー、前たてジッパーはインナーフラップとアウターフラップでガードし防風性能も考慮され、フードもインナー生地のナイロンがドローコードでしぼられ顔にフィットする為、風の浸入を防ぎます。生地はベイヘッドポプリン、マウンテンパーカ特有の背面ポケットも無いデザインは生地をGORE-TEXにするだけで”EXPEDITION PARKA”に変身するだけの高いクオリティがありました。

裏地はエディバウアーらしさの漂うゴールドカラーのナイロン、本物感を醸し出すメッシュインナーポケットはハンティングテイストを加味され、エディバウアー特有のチープなコードストッパーを抜きにすれば、サラリーマン御用達の感のあるSIERRA DESIGNS社とは一味違う、“紳士のマウンテンパーカ”と言えるでしょう。

1970年代 エディバウアー マウンテンパーカ(2) モノシリ沼 555nat.com

1970年代 エディバウアー マウンテンパーカ(3) モノシリ沼 555nat.com

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Eddie Bauer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

BAUER GOOSE DOWN 「EDDIE BAUER SLEEPING BAG」 エディバウアー・スリーピングバッグ

JUGEMテーマ:スポーツ

モノシリ沼 1978年エディバウアー スリーピングバッグ(1)

今や往年の輝きは失われ、チープなワンポイントデザインと一介のアパレルブランドになってしまったEDDIE BAUER(エディバウアー)をお嘆きの方は多いのではないでしょうか?

1970年代の日本に入ってきたエディバウアーはアウトドアブランドの「雄」にふさわしい“大人のブランド”でした。
東のL.L.Bean社、西のEDDIE BAUER社はお金の無い日本の若者にも気前よくカタログを発送してくれ、勿論メールオーダーにも快く応じてくれたアメリカの良心を感じさせてくれたブランドです。

どちらも狩猟用具を基本に多種多様なアウトドア用品を扱い成長していきましたが、LL.BEANが昔のテイストのまま現在に至ったのに、EDDIE BAUERはアバクロと同様な経緯を辿ってしまったのが残念でなりません。

1970年代後半、雑誌「メンズクラブ」紙上でエディバウアー社チーフデザイナー、マイケル・ミハリク氏が1978年2月発売と紹介されたスリーピングバッグ(アメリカ予定価格$225)が、1981年日本上陸したこの「KARA KORAM EXPEDITION SLEEPING BAG」(日本価格178.000円)です。

オレンジ色のリップストップの上部、シナモン色下部ナイロンでインナーはエディバウアーらしい黄色みのあるゴールド、バッフル数はオーソドックスな13、手間の掛るVチューブバッフルに3lbs.11oz.のバウアーグースダウンを封入したエクスペディション仕様、フットセクションは広めで快適・フード下のピローポケットと共に快適に使用する前提でのモノづくりを感じます。

他社がフィルパワーをダウンの品質基準に表示、80%のダウンと20%のフェザー比率で封入されていたのに対して、エディバウアーのダウン製品は「バウアーグースダウン」と表示され、1ozのバウアーグースダウンにダウンボール(カタログにはクラスターと表示)が23.000個と書かれているのを見ると、フェザーも使わないエディバウアーの絶対的な差別化と自信を感じさせました。
ダウンジャケット等でも使われたナイロンインナーのゴールドカラーはバウアーダウン封入の証明となり、他社との格の違いを温かさで感じることができる老舗のブランドでした。

モノシリ沼 1978年エディバウアー スリーピングバッグ(2)

モノシリ沼 1978年エディバウアー スリーピングバッグ(3)

モノシリ沼 1978年エディバウアー スリーピングバッグ(4) 

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Eddie Bauer | permalink | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |