モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

GREGORY DAY&HALF 1983 グレゴリー社デイ&ハーフ

JUGEMテーマ:スポーツ

GREGORY DAY&HALF 1983 (1) モノシリ沼 555nat.com

1983年購入のGREGORY 社製「DAY&HALF」1983。腰を包むようなこの位のサイズでは珍しい形状と「デイ・アンド・ハーフ」の名称に惹かれて池袋西武スポーツ館で購入しました。
当時これ以前の古いデザイン・タグの付いた製品も混在しており、駐車場代を払うより2,000円以上購入で駐車料金無料を得るべく、欲しくもないOLDタグのポーチを購入した思い出が蘇ります。

GREGORY DAY&HALF 1983 (4) モノシリ沼 555nat.com

当時のバックパックの縫製は良く出来た製品でも生地の端がほつれない様に電気カッターで裁断した生地を縫製、GREGORYのように縫製個所をくるみ縫いした丁寧な製品は殆どありませんでした。
ジッパーも大型で堅牢、タブに革の取っ手がついていたり、別売りのポーチが本体に簡単に取り付けられる構造になっていたりなど魅力的なパックでした。

GREGORY DAY&HALF 1983 (2) モノシリ沼 555nat.com

当初、“GREGORY=GREEN”との思い入れが強く、購入初期の製品はGREENがほとんどでした。
この頃に購入したOLD タグのポーチやランバールーム、ウエストポーチ等はオークションで処分してしまい手許にはありません。

しっかりとした作りの「DAY & HALF」、信頼出来るバックパックの一つとして使用しましたが、あまりにも丁寧な作りが災いしショルダーベルトのバックル保護パッドが脇の下にあたり不快、オリジナルはそのまま使う主義でしたが、少し縫い目が解れた際に撤去、最近の製品はこの保護パッドが無いのを見ると邪魔なパーツであったのかもしれません。

GREGORY DAY&HALF 1983 (3) モノシリ沼 555nat.com

1980年後半、アメリカの山道具店でGREGORYを背負っていると良いパックを持っているね、と言われ妙に嬉しかった思い出と共に、ウレタンコーティングは古くなっても嫌なにおいも発生させず、同じモデルが30年近く経った現在でも販売されている事は完成されたバックパックであると言えるでしょう。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Gregory | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |