モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SIERRA DESIGNS 初のジオデシックテント TERRA

JUGEMテーマ:アウトドア用品

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 21

 

The North Faceのジオデシックテントに遅れること5年・・・満を持して?Sierra Designsが1981年に発売したのがTERRA掘TERR 検

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 01
 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 02

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 03

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 05

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 06

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 07


フライシートとテント本体の同一化、壁面に寄りかかれる強度の確保などOCTADOMEで快適なテントの新しい方向性を具現化してくれたSierra Designsが突然発表したジオデシック構造テントがこのTERRAでした。


グラスポール→グラスファイバーポール→アルミポールへと進化して行ったテントポールですが、OCTA DOMEで採用していたイーストンアルミポールを採用せず、重いグラスポールを選んだ理由は何だったのでしょう。

 

中空では無いグラス製ポールにショックコードで連結する事は不可能なため、1本ずつRINGーCLIPと呼ばれるプラスチック製のジョイントパーツに差し込みテントを立ち上げるのは、テント設営と言うよりもまるでプラモデルを組み立てているかの様です。
RINGーCLIPは取り外しも簡単で任意の場所へ移動することも出来るので、オリジナルなジオデシック構造やポールを足して強度を高めることも可能です。

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 07

 

Sierra Designsの最高峰スリーピングバッグ「NIMBUS シリーズ」で余った白色のナイロンタフタはテントキャノピーへ使用され減価償却された模様。

 

風に強いはずのジオデシック構造なのにRINGーCLIPで1本ずつジョイントしなければ立ち上がらない故、1本のジョイントされたポールで構成されたテントに比べて強風耐性が劣る印象、悪天候下での組み立てに時間が掛かりグラスポールの重さも不利、その後のアルミポールをクリップで吊り下げる構造のテントへの基礎を作ったテントと言えるでしょう。


以降、Sierra Designsのテントは本体がWhite、本体ボトムがBlueのイメージカラーになりますので、ブルー×イエローの終売=TERRAも終焉、ユニークで楽しいミニジオデシックテントの終焉は余りにも早かったのが残念です。

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 08
 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 09

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 10

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 11

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 12

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 13

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 14

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 15

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 16

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 17


SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 18

 

SIERRA DESIGNS TERRA 1970s モノシリ沼 555nat.com 温故知新 シエラデザイン初のジオデシックテント 19

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Sierra Designs | permalink | comments(0) | - | pookmark |

SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」

JUGEMテーマ:アウトドア用品

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-01

 

グースダウンを使ったジャケット、60/40マウンテンパーカ、個性的なテントに隠れ地味なイメージのシェラデザインのスリーピングバッグでしたが、丁寧な縫製で確かな製品となったターニングポイントはこのCocoon Seriesとその集大成となるCloud Seriesでした。

スラントウォールによるバッフルは伸縮性生地によりダウンのロフトを低下させることなく、Tuck-Stitchingと呼ばれる表面に縫い目の出ない縫製は手間が掛かるものの、ストレッチバッフル縫い目を解れさせる要因を排除する歓迎すべきアップグレードでした。

700Fill Powerグースダウン、コイルジッパー仕様の最上級Cloudシリーズとの違いはCocoon Series 550Fill Power、ナイロンジッパーとスタッフバッグ構造の違いだけでした。

足元が広くなったデザインのレクタンギュラーバッグ、Gypsyはダウン33.5OZ早秋でも心地良い目覚めを約束してくれるでしょう。

Cocoon Seriesは掛布団にあたる上部バッフルが途中から縦になる独特なデザインで他社製品との差別化と注目度をアップ。

残念ながらSierra Designsのスリーピングバッグはこのシリーズで昇華しその後は凋落の道を辿り現在に至ります。

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-02

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-03

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-04

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-05

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-06

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-07

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-08

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-09

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-10

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-11

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-12

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-13

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-14

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-15

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-16

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-17

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-18

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-19

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-20

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-21

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-22

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-23

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-24

 

シエラデザイン モノシリ沼 555nat.com 温故知新 SIERRA DESIGNS スリーピングバッグの転換期はCocoon Series「Gypsy」-25

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Sierra Designs | permalink | comments(1) | - | pookmark |

4th and Addison ST Berkeley CA94710 シェラデザイン Sierra Designs DOWN VEST

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA シェラデザイン ダウンベスト 1970s Sierra designs 60/40 Down Vest(1)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA シェラデザイン ダウンベスト 1970s Sierra designs 60/40 Down Vest(4)

1970年代Made in USAの風はBerkeleyからやってきました。
The North FaceとSierra Designsどちらを選ぶのか、13歳の決断!
山口百恵と桜田淳子、どちらのファンクラブに入るべきかを決める時以上に悩みの種でもありました。

「モノシリ沼」の記事数でお分かりのようにThe North Faceの71勝11敗(2015年4月10日現在)と圧倒的にNFに勝ち越されていながらも、Berkeley を訪れた際には必ず4th and Addison ST Berkeley CA94710 のリテイルストアに立ち寄っていましたので、決して嫌いなブランドだったわけではありません。

ダウンベスト購入時も散々迷った末の決断は・・・苦手なキドニーウォーマーの無いThe North Face 65/35 Down Vestでしたが、ウェストドローコードが装着されたSierra Designsも忘れ難く、結局「迷ったら買う!」家訓を守って購入。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA シェラデザイン ダウンベスト 1970s Sierra designs 60/40 Down Vest(2)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA シェラデザイン ダウンベスト 1970s Sierra designs 60/40 Down Vest(5)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA シェラデザイン ダウンベスト 1970s Sierra designs 60/40 Down Vest(6)

この時代の製品はアウターとインナーのコントラストが美しい名品が多く、このダウンベストもアウターはTAN,インナーはOrange。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA シェラデザイン ダウンベスト 1970s Sierra designs 60/40 Down Vest(10)

Sierra Designsが3″Back Extensionと呼ぶキドニーウォーマーもやや控えめ、アウターは60/40とNylon TaffetaがありNylon製にはStuff Sackが付属。550Fill Powerのホワイトグースダウンをシングルボックスの潰し縫い60/40に封入。ドットボタンに「Sierra
Designs」の刻印が無いのは1970年代製造と分かります。

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA シェラデザイン ダウンベスト 1970s Sierra designs 60/40 Down Vest(3)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA シェラデザイン ダウンベスト 1970s Sierra designs 60/40 Down Vest(9)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA シェラデザイン ダウンベスト 1970s Sierra designs 60/40 Down Vest(8)

モノシリ沼 555nat.com monoshirinuma 1970-1980s アウトドア温故知新 Made in USA シェラデザイン ダウンベスト 1970s Sierra designs 60/40 Down Vest(7)

JanSport同様Back Packer仕様の製品が多くThe North Faceより若干控えめな印象のSierra Designsですが、1970・80年代のMade in USAの息吹を感じます。

JUGEMテーマ:スポーツ
 
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Sierra Designs | permalink | comments(2) | - | pookmark |

Sierra Designs SIERRA PARKA シェラデザイン・シェラパーカ 1970-80s

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970-80s Sierra Designs SIERRA PARKA シェラデザイン「シェラパーカ」 (1)

1978年、アルバイトニュースで見つけたアルバイト先はアメリカ製品を並行輸入、Izod/アゾッドやConverse/コンバース、Top sider/トップサイダー、Levis/リーバイス、Play Boy/プレイボーイ、ノーマンロックウェルのパブミラーなどなど、Made in U.S.A.製品を直輸入し、遠いアメリカを目と匂いで感じられる職場、当時は西ドイツ製だったadidas/アディダスのポロシャツや世界一軽量と言われたNike/ナイキのカンガルー革製スニーカーなど新鮮な出会いの日々でした。

Levisは勿論Made in U.S.A.、直輸入された501は正方形の段ボールにサイズ別に無造作に入っており、硬い生地、デニム特有の匂いは新鮮でもありました。履きやすくウォッシュされた製品など無い当時、硬いデニムを色落ちさせるため軽石と共に洗濯するブリーチアウトやサンダー(やすり)で表面生地を削る荒業も横行、縫い目の糸切れや生地のホツレなど日常茶飯事でした。

アウトドア関係ではDOLT、カミングアトラクション、コグランに続いてLAより届いたのは数百着のSierra Designs 60/40 Mountain ParkaとSierra Parka、60/40マウンテンパーカーは金色の金属製ハンガーに一枚ずつ掛けられ「Sierra Designs」と印刷された透明なビニールのカバーに包まれ、二つ折りで段ボールに梱包され、各段ボールの中にはSierra Designsのカタログが数冊入っていました。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970-80s Sierra Designs SIERRA PARKA シェラデザイン「シェラパーカ」 (3)

Sierra Parkaはウォッシュされたばかりのダウン特有の匂い、出来たての60/40は乾燥した草のような香りがします。日本での販売価格は単純とも思える「アメリカ本国価格×円×2」ほどでしたが、円安で所得も少なかった当時のアメリカ製品は今よりも高額で手軽に手に入れる事は難しい時代でした。

並行輸入→社員価格で購入出来るSierra Designsながら、購入意欲がまったく湧かなかったのがこのSIERRA PARKA。1970年代のSierra Designsのダウンジャケットの襟は小さく角があるままの無骨なデザインが好きになれず、常にNorth Face製品と比較し購入リストから脱落したものです。
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970-80s Sierra Designs SIERRA PARKA シェラデザイン「シェラパーカ」 (4)

街着を意識した光沢の強いANTRON NYLON、襟の角は取れたものの形状が女性っぽくなった襟のデザイン、チープなIDEALシングルジッパー、潰し縫いで取り付けられた化繊入りのハンドウォーマーポケット、異様に太い袖形状はNorth FaceのSierra Parkaと同じ名称なのが許せず1970年代の名称DOWN Sweaterに変更してもらいたい程でしたが、文句を言うには購入せねばなりません。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970-80s Sierra Designs SIERRA PARKA シェラデザイン「シェラパーカ」 (2)

30年以上経過しながらもほぼ当時のままの光沢を放つSIERRA PARKA、気に入った製品がくたびれて行くのを見ると懐かしい検品の日々と共になんとも複雑な思いが交錯します。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970-80s Sierra Designs SIERRA PARKA シェラデザイン「シェラパーカ」 (5)
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970-80s Sierra Designs SIERRA PARKA シェラデザイン「シェラパーカ」 (6)
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970-80s Sierra Designs SIERRA PARKA シェラデザイン「シェラパーカ」 (8)
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970-80s Sierra Designs SIERRA PARKA シェラデザイン「シェラパーカ」 (7)
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970-80s Sierra Designs SIERRA PARKA シェラデザイン「シェラパーカ」 (9)
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970-80s Sierra Designs SIERRA PARKA シェラデザイン「シェラパーカ」 (9)
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1970-80s Sierra Designs SIERRA PARKA シェラデザイン「シェラパーカ」 (10)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Sierra Designs | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

シェラデザイン Sierra Designs 名称不明 1970s スリーピングバッグ SLEEPING BAG

JUGEMテーマ:スポーツ

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Sierra Designs シェラデザイン 名称不明 1970s SLEEPING BAG (1)
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Sierra Designs シェラデザイン 名称不明 1970s SLEEPING BAG (2)

気付けば50本ほどあるスリーピングバッグ。レンタル倉庫を整理すると「え!こんなのあったっけ?」と自分でもビックリする発見があるのも密かな楽しみである半面、背筋がゾッとし冷や汗が出るのも事実です。

気に入ったモデルは全シリーズ、更に右側ジッパー、左側ジッパーを揃えてジョイントしたくなるのが災いのもとです。

Sierra DesignsはCLOUDシリーズ以外、興味のあるモデルはありませんでしたが、1980年代のBerkeleyのリテイルショップでセールされていたこのスリーピングバッグはタグも無くモデル名も分からないのに価格勝負で購入。1980年代のUSA Madeのスリーピングバッグはメーカー旗艦モデルの日本国内販売価格が20万円を超えていた時代。セール価格のみで衝動買いしましたが、若干の汚れがあったのでイレギュラー品の返品された商品だったのかも知れません。

1970年代のスリーピングバッグはブランドタグがボトムに縫い付けられているものが多かったのですが、1980年前後にジッパーの取り付け側が分かる様に右ジッパーなら右側に、左ジッパーなら左側にタグを縫い付け識別し易くなりました。

タグがボトムに縫い付けられたこのモデル、1974年のカタログを見ると「TWO-HUNDRED」か「SUPERLIGHT」と推察。

1.5oz Ripstop NylonはロイヤルブルーのアウターとTANと言うよりベージュっぽいインナーカラーでSierra Designsらしいカラー。YKK #10 Delrinジッパーはトグルの紐が付き60/40マウンテンパーカーを彷彿させます。

Berkeleyで縫製されていたタグの縫い付け方がいかにも素人っぽいこの頃のモデル。もしかすると創業者の2人が縫っていたのかと想像するとちょっと楽しい温故知新スリーピングバッグと言えるでしょう。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Sierra Designs シェラデザイン 名称不明 1970s SLEEPING BAG (4)
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Sierra Designs シェラデザイン 名称不明 1970s SLEEPING BAG (5)
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Sierra Designs シェラデザイン 名称不明 1970s SLEEPING BAG (3)
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Sierra Designs シェラデザイン 名称不明 1970s SLEEPING BAG (7)
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 Sierra Designs シェラデザイン 名称不明 1970s SLEEPING BAG (8)

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Sierra Designs | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

贅沢は素敵だ! シエラデザイン Sierra Designs「CUMULUS」スリーピングバッグの連結

JUGEMテーマ:スポーツ

モノシリ沼 555nat.com 1970年代 Sierra Designs「CUMULUS」の連結(1)

1970年代後半、Sierra Designsの最高峰のスリーピングバッグとして「CLOUD」シリーズがカタログに登場。ライトユーズなバックパッキングブランド色の強かったSierra Designsが「本気」で世に送り出したCLOUDシリーズの旗艦スリーピングバッグがNIMBUS、次にこのCUMULUS、3シーズン用のCIRRUSとなります。
 
CA Berkeley University Ave.を挟んで対峙していたThe North Faceと比較され後塵を拝していた感のあったSierra Designs、Fill Power 550で高品質とされていた当時、CLOUDシリーズに採用されたのはFill Power 700と驚異的な最高品質グースダウンでした。
The North Faceの縫製は糸のステッチ幅が広くテンションがあまい為、ステッチに引っ掛かると糸が伸びたり切れたりするのがウィークポイントでしたが、CLOUDシリーズには表生地と裏地にストレッチバッフルを縫い付ける際にステッチが表に現れない手間の掛る縫製を採用。
 
ジッパーはマウンテンパーカに採用したYKK社デルリンジッパーを採用、ジッパーが生地を噛まない様にナイロンテープをドラフトチューブに縫い付ける丁寧な作りは自重を増やすことになってしまいましたが、裏地のWhiteと表地の美しいBlueのコントラストが絶妙です。NIMBUSの連結は叶いませんでしたが、ちょっと贅沢なCUMULUSの連結は気持ちをリッチにしてくれます。

嵩張るダウンスリーピングバッグの保管は気をつかいますが、ビンテージワイン並みの24時間空調の利いたレンタル倉庫で往年のクオリティのままスリーピング中。節電が課題の今の世の中、贅沢は素敵だ!の「素」の字も小さくせざるを得ないこの頃です・・・・。

モノシリ沼 555nat.com 1970年代 Sierra Designs「CUMULUS」の連結(2)
モノシリ沼 555nat.com 1970年代 Sierra Designs「CUMULUS」の連結(3)
モノシリ沼 555nat.com 1970年代 Sierra Designs「CUMULUS」の連結(4)
モノシリ沼 555nat.com 1970年代 Sierra Designs「CUMULUS」の連結(5) 
モノシリ沼 シエラデザイン1984年 バークレーショップ

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Sierra Designs | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

カタログで辿る Made in USA #1 シエラデザイン Sierra Designs 1970s-80s

JUGEMテーマ:アート・デザイン

モノシリ沼 シエラデザイン1981年スリーピングバッグPOPカタログ(1)

1970年代に黎明期を迎えたアウトドア製品の多くはまた、この時期に前後して創業したブランドから産出されました。創業者のアイデアやセンスを感じるオリジナリティ溢れる製品との出会いに心躍らせたあの頃、今となっては輝かしくも懐かしい時代でした。

モノシリ沼 シエラデザイン1981年スリーピングバッグPOPカタログ(2)

その製品のクオリティを伝える為に作られたカタログやPOP類は、ブランドの“製品に対する自信と愛情”のこもった美しい「作品」として世に送り出され、我々の心に届いたものでした。

モノシリ沼 シエラデザイン1981年スリーピングバッグPOPカタログ(3)

バックパッキング仕様の製品が多かったSierra designs(シエラデザイン)の秋冬、春夏用カタログは今見ても楽しいものですが、合間にクライアント用に出すカタログ(POP)も秀逸でした。

モノシリ沼 シエラデザイン1981年スリーピングバッグPOPカタログ(4)

シンプルなデザインながら完成された製品は「機能美」のレベルにあり、現在のゴテゴテしたデザインの製品とは一線を画すといっても良いでしょう。Sleeping Bagの「CLOUD」シリーズは丁寧な縫製とダウンの質において当時も今も最高峰のスリーピングバッグの一つとして記憶に刻まれています。オクタードームに代表されるテント類もデザイン、構造共に現代の夢の無いテントが温故知新するに値するものと思います。

モノシリ沼 シエラデザイン1981年テントカタログ(1)

これらの製品を愛情込めてカタログにしようとした時、自然とこのような美しいクオリティ高いものが出来るのでしょう。これは“偶然”では無くもはや“必然”と表現しても過言ではないと思います。

モノシリ沼 シエラデザイン1981年テントカタログ(2)

翻って現在のカタログは一体どうしたのでしょう?
創業者の手を離れ、売る為にだけデザインされた「工業製品」を紹介する為のカタログに夢を感じられないのは当たり前のことかも知れません。

モノシリ沼 シエラデザイン1981年テントカタログ(3)

モノシリ沼 シエラデザイン1981年テントカタログ(4)

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Sierra Designs | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

こんな時代にこそ・・・ シエラデザイン Sierra Designs 「OCTADOME」オクタードーム

JUGEMテーマ:スポーツ

sd-octdome-1 モノシリ沼

軽くて小さい、または「それなりの」デザインが主流のテント事情に、少々淋しい思いをしているのは少数派でしょうか?

以前にこのモノシリ沼で紹介した「オクタードーム」ですが、久しぶりに当時のカタログを見て気付いたのは前出の「オクタードーム」はどうも「オクタードーム供廚世辰燭もしれません。
キャノピーを交差する2本のポールを独特の形状の逆V型アーチ4本で立ち上げる「オクタードーム」は大きさの違いと出入り口の場所が違うだけでちょっと違いが分かり難く、「オクタードーム供廚3人用または3〜4人用(実際は2人用なので)と表示されているのを見ると、これより大きいこのオクタードームは4人用?「OCTADOME 検廚箸任盡世辰燭里、OCTADOMEのみの名称だったのでしょうか?

1980年代カタログを見直せば、正確な名前が分かるかもしれませんが、数冊のカタログでは写真は一種類のみ、兇両匆陲靴見当たりません。

さて、1980年代中頃に購入したこの「OCTADOME」、キャノピーを交差する2本のポールのテンションは、端に付いた25センチほどの細引きで調整、テントのデザインと共に何とも言いようのないのどかさを感じます。

張り綱無しでペグのみ打ち込めば自立するのはこの形状では見事と言うしかありません。

更に4つの逆V型ポールで出来る3箇所の窓は内側ジッパーで開閉し雨でも心配いりません。
大人が寄りかかっても平気なこの逆V形アーチ、キャノピーを持ち上げる縁の下の力持ち。
キャノピーのポールスリーブがベタ付けなのは、逆V型アーチとの組み合わせに不可欠なのと従来のテント本体にポールをセットしフライシートとの間に空間をつくる必要があるテントとの大きく異なる設計ゆえでした。
雨の日に本体が濡れないようにフライシートと本体が一体になっていると考えるより、そうせざるを得ない事情があったみたいです。

Sierra Designs社のテントの多くは入り口ジッパーが地面ぎりぎりまで下がるため、日本のような雨の多い気候下での使用は不安が残ります。
「が!」なんだかんだと能書きの必要なアウトドア用品でありながら、「そんなこと、どーでも良いもんね〜」的な、使って見て楽しいこのテント、こんな時代だからこそ必要なのかも知れません。

sd-octdome-2 モノシリ沼
sd-octdome-3 モノシリ沼
sd-octdome-4 モノシリ沼
sd-octdome-5 モノシリ沼

 

シエラデザイン オクタドーム Sierra designs Octadome 1970年代 Tent モノシリ沼 555nat.com 温故知新

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Sierra Designs | permalink | comments(8) | - | pookmark |

都市伝説!? シエラデザイン SIERRA DESIGNS 60/40 PARKA

 1979年購入のSIERRA DESIGNS社製『60/40 MOUNTAIN PARKA』。未だに日本国内でのみ販売が続けられてる長寿命のマウンテンパーカは、アウトドアファンなら一度は袖を通した事があることでしょう。

 

シェラ・マウンテンパーカ


 1979年代、マウンテンパーカと言えばこの「シェラデザイン」でしたが、生地の感触が冷たく“65/35”の他社製マウンテンパーカとどちらを購入するか迷ったものです。購入の決定的なポイントは背中右側に縦についたジッパーでした。YKK社ジッパー使用を売りにしていながら、背中のジッパーはIDEAL社製を使うなどアバウトなところもおおらかな古き良きアメリカ製です。

 

バックポケット

 

 鞄など持たない学生時代、いくつもついたポケットはとても便利でした。それに加え背中に付いたポケットは使う機会はまったく無かったものの、寒い時に新聞紙を入れると暖かくなる機能(だと宣伝されていた)とそれが特別なデザインに感じられ購入。下にダウンベストやオイルドセーターを着る為に大きめのサイズを買うべきとされていたものです。

 タン×ネービー、ネービー×タン等の配色のコントラストが美しく、どちらのカラーを選ぶのかも頭痛の種でした。この頃のシェラデザイン製品はドットボタンに刻印は無くシンプルな印象。ジッパーもビスロン、シングルでしたが、トグルを引きやすいナイロンループが付いていたのも見逃せない魅力の一つでした。小さめのフードデザイン、コードストッパーは上質の皮なのもトラッドファンにも受け入れられた要因です。

 

刻印なしドットボタン

 

コードストッパー


 60/40の生地説明は今更必要が無いでしょうが、未だに雨の時にはコットンが膨らみナイロンとの隙間を埋める事で防水性能もあるかの如く紹介されています。しかし、実際は霧雨程度の時に多少水の染み込む時間が延びる程度です。ノースフェイス社製品と比較すると随所にバックパッカー向けのライトユースな印象があるシェラデザイン社、このパーカもポケットの力の加わる箇所にバータックが無く糸がほつれてしまう等の問題がありました。

 

破損ポケット


 しかし、発売から数十年経った今分かるのは65/35の製品は擦り切れ穴が開くのに対して60/40はそれほど傷んでいない事実。その後、バイクで転倒した際、摩擦で溶けたナイロン部と残ったコットン部(写真参照)を見るとまさにヘビーデューティな素材である事は証明されました。

 1980年代中頃、使い道のはっきりしないマウンテンパーカは本国アメリカで早々に販売終了。アメリカE-BAY等でもあまり出品が無いのは本国ではあまり人気が無かったのかと感じます。

 バークレーのリテイルストアも工場も無い今、その製品がマストアイテムの様なキャッチコピーで都市伝説のように販売が続けられている不思議。

 現在の製品にポケット部バータックが施された事は評価しますが、チープなフードコード、質の落ちた皮製ストッパー、妙に大きく光沢のある60/40のタグ、サイズを小さくしてオリジナルとは最早呼べない「日本向け」シェラデザイン 60/40マウンテンパーカはその他昔の名品「復刻版」が出る度に懐かしさと共に悲しさを感じてしまいます。

 ORIGINALでは無くなった、“似て非なるもの”、と言ったら言い過ぎでしょうか。

 

ナイロンループ

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Sierra Designs | permalink | comments(13) | - | pookmark |

SIERRA DESIGNS 「NIMBUS」 シエラデザイン・スリーピングバッグ・ニンバスの洗濯

ニンバス-1


ニンバス-2


ニンバス-6


ニンバス-7


ニンバス-8


1979年製造の『SIERRA DESIGNS』社スリーピングバッグCLOUDシリーズの旗艦モデル「NIMBUS」。


羽毛の質、縫製技術等のクオリティの高さは当時の厳冬期スリーピングバックの中でも秀でた存在でした。当時、日本での販売価格は230,000円!とこれまた最高峰に相応しいプライスには驚かされましたが、各ブランドの最高技術の集大成である厳冬期モデルの相場でもありました。


このスリーピングバックを『JANSPORT』社「D-2」のフレーム下部に取り付けて分かったのはスタッフバックに入れても尚大き過ぎると言う驚き。快適な眠りを約束してくれるものの持て余し気味だった事を懐かしく思い出します。

かれこれ30年も経過した汚れを落とそうと一念発起。乾燥したこれからの季節(晩秋)は羽毛製品を洗濯するには格好の季節です。「が!」このクラスの洗濯は相当の気合と体力を必要とします。


いつも思うのはダウンクリーナーを入れたバスタブに製品を浸し、水分を含み見るも無残にペッタンコになった姿に「あ〜、本当にこれが元通りになるのかな?」と言う不安。しかし、一度洗濯液に浸けてしまったら後戻りは出来ません。

 

ニンバス-3


●丁寧に手で押し洗いを繰り返します。


●事前に汚れ等の染みはスポット洗浄しておくときれいに仕上がります。


●油汚れがあった場合、通常の洗濯に使う「ザウト」がお勧め。


●強い洗剤は羽毛の油分も取ってしまうので「不可」ですが、染み程度に使うには経験上問題は無いようです。


●たっぷりと空気を含んだ高品質の羽毛を浸すには相当の体力が必要ですが、それはフィルパワーが大きい証明と諦めましょう。(質の悪い、若しくは羽毛の量が少ない程、楽です)


●このクラスのスリーピングバックが水に浸るとその重量は20キロ以上にもなります。


●その重みが縫い目に加わるとバッフルが裂けてしまい後悔することになりますので、ここは一番慎重に進めます。


●バスタブの栓を抜く前に(ここが肝心です)籠状のもので製品を掬い取ります。


●最適な方法はスーパー等にある買い物籠を使用する事です。(勝手に持ち帰るのはいけません、ジャスコ等で安価に売っていますので、買いましょう)

 

ニンバス-4


●縫い目に力が加わらない様に細心の注意をはらって籠に入れた後、バスタブの栓を抜きます。


●そーっと上から押す事で余分な水分はカゴの隙間から抜けていきます。

 

ニンバス-5


●その後、きれいなお湯で濯ぎを2〜3度同じ要領で繰り返すと体力も限界。


●羽毛は一箇所に固まり、これが元通りになるんかいな!?と半ば諦めモードのなか、見るも無残なスリーピングバッグを干し場へと運びます。


●今の季節なら半日程で生地が乾き始めるので足繁く通い固まった羽毛をたたき解します。



これを何度も繰り返すわけですが、製品を慈しむ愛情は通った数と比例、羽毛はロフト回復し愛情に答えてくれます。


2日〜3日で新品同様に回復、美しく膨らんだ形状と寝心地はまさにCLOUD(雲)の中で寝ているような心地良さで洗濯後の筋肉痛を優しく癒してくれるでしょう。

 

ニンバス-9

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Sierra Designs | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |