モノシリ沼

555Outdoors LAB.
〜モノシリ沼とはモノにハマるとぬけられない?困った沼。そんな沼人たちの1970年代〜80年代 Made in U.S.A. アウトドア用品の温故知新ブログです〜
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

MOSS 1970s Trillium Tent & team Marilyn モス・トリリウム・テントとチーム・マリリン。デイキャンプの巻

JUGEMテーマ:地域/ローカル

moss tent works 1970s trillium team Marilyn モノシリ沼 555nat.com 温故知新

ご無沙汰しております。皆さま、お変わりございませんでしょうか。

長いことタイムトラベルに出ておりましたモノシリ沼王が1975年の米国バークリーから帰って来ておりましたので近況報告を少しばかり。

時期を同じくして、モノシリ沼に客人がありまして、モノシリ沼王を囲んでデイキャンプにでも出かけようかとなりました。

客人は1970年代の MOSS TENT WORKS よりお越しになりました、ビル・モスのポリシーを継承するモステント直系の流れの皆さん、team Marilyn の方々です。

デイキャンプ当日。まさかの小雨模様でした。

せっかくだからと、 team Marilyn はモスのオフィスの倉庫から持ってきたという『トリリウム』テントを設営。このテント、プロトタイプか初期ロットのものらしく、手作り感を感じる工夫と美しさがありました。モノシリ沼王が所有している『トリリウム』と比べると、ポールの材質やジョイントハブのデザインなどが違っており多くの改良が加えられて進化した形跡がわかりました。たいへん貴重なテントを見せていただきました。

moss 1970s trillium tent team marilyn モノシリ沼 555nat.com 温故知新

一方、われわれはモノシリ沼王の『オプティマム200』コットンテントを久々に設営しました。設営にはオプティマム特有のコツが必要なので、沼王の指導のもと、今回はフライなしの本体のみを立ち上げました。

コットンテントが誇る気持ちのいい空気感と居住性。美しい曲線美を team Marilyn の皆さんと共に味わいました。

moss optimum 200 tent モノシリ沼 555nat.com 温故知新

moss optimum 200 tent team Marilyn モノシリ沼 555nat.com 温故知新

モノシリ沼王所有のテントを10種類ほどモスのものを中心に準備しましたが、雨のため設営できずに残念でした。

客人の team Marilyn の皆さん、小雨のデイキャンプ、お疲れさまでした。またこちらの時代に来る機会がございましたら、モノシリ沼にお立ち寄りください。

 

それとモノシリ沼の近況をもうひとつ。

モノシリ沼に新しい住人が増えました。隣りの沼からやってきたモノシリ沼人見習いのタケちゃんです。今回のデイキャンプにもちょっと遅れて参加。並外れた撤収能力の高さを発揮してくれました。キャンプサイトにタクシーで乗りつける豪快な一面のあるナイスな人間です。よろしくお願いします。

 

*モステント関連記事はこちら → モノシリ沼 Moss Tent

 

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Moss Tent | permalink | comments(0) | - | pookmark |

日本の難民キャンパーの救世主。モス パラウィング MOSS PARAWING

GEMテーマ:アート・デザイン

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1980s 日本の難民キャンパーの救世主。モス パラウィング MOSS PARAWIING (1)

 価格も高く、品数も少なかったキャンプ黎明期の1970〜80年代、現在の様にキャンプ専用品を揃えて出掛けるスタイルは少数派でした。

 家庭にある物で代用など当たり前、布団を持ち込む強者がいる中で家庭用洗剤を川で使用するなど朝飯前(今も見かけますが)の時代、タープと言えば色も鮮やかな工事用ターポリンをチープなナイロン紐を多用し設営するなど、今思えばキャンプスタイルを遊ぶ心の余裕の無い時代だったのかも知れません。

 1990年代でさえR.E.I.からマーケットリサーチに来た副社長たちとキャンプミーティングへと出掛けた際に周りのキャンパーを見た副社長いわく「日本人のキャンプスタイルは避難民みたいですね」の言葉に象徴されていたかも知れません。

 テントスペースには木製テーブルやベンチ、チャコール用グリルなど必要最低限な設備が整っているアメリカのキャンプ場から見ればテーブル、イスも全て運び込まなければならない日本人キャンパーはどうしても品数が多くなり乱雑さが否めないのは確かでした。

 そんな黎明期に革新的なタープや楽しげなテントを商品化していたのがモス MOSS。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1980s 日本の難民キャンパーの救世主。モス パラウィング MOSS PARAWIING (4)

 以前にも何度か書きましたが、日本にMOSS製品の楽しさを伝道したのが田渕義雄氏でした。

 田渕氏から寄贈されたカタログからMail OrderしたMOSS製品第一号がこのパラウィング PARA WING 19フィート。優雅な曲線はキャンプサイトを艶やかに演出、キャンパーを難民スタイルから解放したと言えるでしょう。
 
モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1980s 日本の難民キャンパーの救世主。モス パラウィング MOSS PARAWIING (2)

 使えれば形や色など気にしていなかった日本国内アウトドアメーカーがプラスアルファの製品開発にシフトする切っ掛けを作った功績は大きいと思います。

 この時代のPARA WINGはテント素材として多用されていたTANカラーの1.9 オンス・リップストップナイロンにブラックトリム。テントもバーガンディ×タンで自然の中で違和感の無いカラーを採用しており、1990年代にテントボトムやトリムが明るいREDに変更されたのは少々残念でした。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1980s 日本の難民キャンパーの救世主。モス パラウィング MOSS PARAWIING (5)

 ポールは鉄製の2本ジョイント仕様、風が強いとしなりポール収納時に曲がりの修正が必要でしたが、“剛”のアルミ製と違い、“柔”のしなやかさがありました。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1980s 日本の難民キャンパーの救世主。モス パラウィング MOSS PARAWIING (3)

 1.9 オンス・リップストップは張り綱を強くし過ぎると生地が伸びるため、PARAWINGの命である優美な曲線を演出する天井部が直線になってしまうのが御愛嬌。

 MOSSマークもプリントだった為、高温多湿の日本ではプリント劣化が早く設置回数が増えるのと相まって次第に薄くなりMOSSブランド消滅を予言していたかの様に消えました。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1980s 日本の難民キャンパーの救世主。モス パラウィング MOSS PARAWIING (6)

 2013年、東京駅周辺のビルに「船の帆をイメージ」した構造物の完成をニュースが伝えていましたが、新築ビル工事の足場に設置された落下防護柵に見えてしまうのは自分だけでしょうか?

 あまりにも貧相なデザインがニュースになってしまう日本、今も健在なMOSS INC.にデザインしてもらえば日本を覆う閉塞感からの解放の一助になったであろうに残念でなりません。

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1980s 日本の難民キャンパーの救世主。モス パラウィング MOSS PARAWIING (7)

モノシリ沼 555nat.com 1970-80sアウトドア温故知新 1980s 日本の難民キャンパーの救世主。モス パラウィング MOSS PARAWIING (8)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Moss Tent | permalink | comments(11) | - | pookmark |

カタログで辿る栄枯盛衰。モステントMOSS TENT CATALOG 1984〜

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 カタログで辿る栄枯盛衰。モステントMOSS TENT CATALOG 1984〜(00)

 1980年前後にアメリカより取り寄せたEMS(イースタンマウンテンスポーツ)のカタログで知ったMOSS TENT,本体とボトムの縫い目を覆わないフライシートのテントは興味の対象にはならず、勿論購入など考えた事もありませんでした。

 そんなMOSS TENTを日本に紹介し脚光を浴びせたのはクライミングの聖地 金峰山 廻り目平の程近くに住む田渕義雄氏でありました。

 当時乗っていた車「スバルレオーネ」の会報誌に紹介された記事と写真に興味を持ち田渕氏邸を訪ねたのは1984、5年の晩秋の頃でしょうか。

 テント関連の話を伺い別れ際に頂いたのが1984のMOSS TENT WORKS時代のカタログ、このカタログに掲載された優雅な曲線で作られたPARAWINGをMail Orderし、MOSS入門。

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 カタログで辿る栄枯盛衰。モステントMOSS TENT CATALOG 1984〜 (1)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 カタログで辿る栄枯盛衰。モステントMOSS TENT CATALOG 1984〜 (2)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 カタログで辿る栄枯盛衰。モステントMOSS TENT CATALOG 1984〜 (3)
 工事用ターポリンを雨除けに使っていた日本人キャンパーにとって、キャンプのグレードを数ステージアップさせる必携のタープとなったのはご存知の通りです。

 このカタログとの出会いから始まったMOSS TENT、ジオデシックテント以外で「見て楽しむ」テントのカテゴリーがある事を気付かせてくれました。

 デザインは未だに好きではないものの、居住性とテント内からの景色を楽しませてくれるENCORE、カタツムリみたいでユニークなデザインのARCADIA、コットンテントの快適性を教えてくれたOPTIMUM200、小型テントで興味を魅かれたOLYMPIC、シンプルが潔いSTAR GAZER、これらテント購入の原点はすべて1984年のカタログにあります。

 1990年代初頭までCANDENから送られて来たMOSS TENT CATALOGでしたが、創業者の手を離れカタログは簡素化され製造は中国製へと変遷を辿り消えていったのはリアルなMOSS TENTと時代を生きた世代として何とも寂しい終焉です。

 ブランドの隆盛を反映するカタログは栄枯盛衰を体感できる温故知新な資料となってしまいました。

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 カタログで辿る栄枯盛衰。モステントMOSS TENT CATALOG 1984〜(11)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 カタログで辿る栄枯盛衰。モステントMOSS TENT CATALOG 1984〜 (5)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 カタログで辿る栄枯盛衰。モステントMOSS TENT CATALOG 1984〜 (6)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 カタログで辿る栄枯盛衰。モステントMOSS TENT CATALOG 1984〜 (7)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 カタログで辿る栄枯盛衰。モステントMOSS TENT CATALOG 1984〜 (8)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 カタログで辿る栄枯盛衰。モステントMOSS TENT CATALOG 1984〜 (9)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 カタログで辿る栄枯盛衰。モステントMOSS TENT CATALOG 1984〜 (10)

JUGEMテーマ:スポーツ
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Moss Tent | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

テンション・ストラクチャー「モス・ペンタウィング」 MOSS PENTAWING SUNSHADE

JUGEMテーマ:スポーツ

555nat.com モノシリ沼 MOSSテント ペンタウィング1
 
ビル・モスが提唱していた“テンション・ストラクチャー”、“ファブリック・ストラクチャー”を製品化したのが、この「PENTAWING SUNSHADE」でした。

 

素材はコットンダック。

 

「OPTIMUM」と同じ材質の黒いスタッフバッグの中には、

)楝痢

▲檗璽襭泳棔

I嫗阿離灰奪肇鸚愁蹇璽廖

ぅΕ奪匹妨把蠅垢襯優犬函

グ鬼なスクリューアンカー。

 

日本のカタログではデッキウィングの名称で、素敵なSUNSHADEとして紹介されていました。

 

二種類の大きさ「S」と「L」があり、「M」サイズが無いのが不思議でした。

 

コットンならではの優雅なラインと涼しげなホワイトカラーに魅かれて購入したものの、このストラクチャーが似合う家も別荘も無い現在、今は亡きビル・モスを偲びつつ「PENTAWING SUNSHADE」の似合う家での生活を夢見ています。

 
555nat.com モノシリ沼 MOSSテント ペンタウィング2

555nat.com モノシリ沼 MOSSテント ペンタウィング3

555nat.com モノシリ沼 MOSSテント ペンタウィング4

555nat.com モノシリ沼 MOSSテント ペンタウィング5

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Moss Tent | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

MOSS TENT "THE OPTIMUM TENT SERIES" CATALOG 1987 モステント『オプティマム』シリーズ・カタログ

JUGEMテーマ:スポーツ

555nat.com モノシリ沼 MOSS TENT OPTIMUM

斬新なデザインのMoss(モス) テントの中でも更に異彩を放つテントとして、この『OPTIMUM』(オプティマム)シリーズがあります。

 

日本国内では販売されていなかったのと、アメリカ国内のカタログでもRETAIL PRICEとして『OPTMUM200』の価格が出ているくらいで、通常のカタログでは詳細がまったく不明だったのが興味と購買意欲を刺激したのでしょう。


OPTIMUMシリーズだけのカタログが存在しているのも殆ど知られていないと思います。

 

『OPTIMUM200』購入に際して驚いたのはコットンテントなのにフライシートが別売りだったことでした。


使ってみればコットン本体とコットンフライの相乗効果が身をもって分かるのですが、本体重量でさえ驚きなのに、これにコットンフライが必要では車に積むのは不可能ではないかと腰が引けました。


そんな懐かしい思い出も20数年前、『OPTIMUM』の魅力は更に大型の『OPTIMUM350』を使ってみたい衝動となって現在に至っています。

 

参考までに1986年のOPTIMUM価格を紹介します。


● OPTIMUM200 $2.890 フライ$816
● OPTIMUM350 INNER TENT $3.675 OUTER TENT $2.875
● OPTIMUM700 INNER TENT $5.394  OUTER TENT  $4.130
● OPTIMUM1500  INNER TENT $17.200  OUTER TENT $16.800

 

と大きさと比例した堂々のPRICE!

 

現在入手することは不可能ですが、Mossで注文を受け付けなくなってから数年間はアメリカのコットンテントメーカー「Rainiertents」で(名称は正確ではありませんが)『OPTIMUM TENT』の名称で販売をしていました。

 

テトラポットの様な『OPTIMUM 200』に比べて、デザインが均等の『OPTIMUM350』は居住性の良さがデザインの美しさに存分に表現されていると思います。


山用、キャンプ用といったカテゴリーとは違う異次元のテントとして『OPTIMUM』シリーズは存在しています。


リゾートでの使用が似合いそうな『OPTIMUM350、700、1500』。

コットンのティピーでは得られない満足感のあるMOSS『OPTIMUM』シリーズ。

 

今はカタログを眺めて“ため息”をつくしかありませんが、こんなテントがまた登場する日を待っています。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Moss Tent | permalink | comments(11) | - | pookmark |

三角テントとの融合? MOSS TENT OLYMPIC モステント『オリンピック』

JUGEMテーマ:スポーツ

モノシリ沼 555nat MOSS TENT OLYMPIC モスオリンピック 1

 MOSS TENT(モステント)を知ったのは1970年代も終わりの頃、EMS(イーエムエス)かREI(アールイーアイ)のカタログからでした。

どんな種類があるのかも知らなかったし、カラーもバーガンディ×アイボリーになる前の地味なテントで興味もまったくありませんでしたが、その後入手したカタログの変遷でMOSSと言えばこの『OLYMPIC』(オリンピック)を思い浮かべるほど印象に残るデザインではありました。

モノシリ沼 555nat MOSS TENT OLYMPIC モスオリンピック 2

そんなMOSS入門で最初に購入したのが『ENCORE』(アンコール)、気にはなっていたものの『OLYMPIC』購入は1980年代後半・・・・・バーガンディからレッドへ変わった頃、しかもMAIL ORDER/メールオーダーではなく、国内調達した唯一のMOSS TENTがこの『OLYMPIC』です。

何で『OLYMPIC』って名付けたんでしょう?
他社製品とは違う形状に少々興味はあったものの、中に入ると左右のウォールが天井部へ向けて三角テントのように狭い空間となり、ジオデシックテントと比べて古さを感じたものでした。
ちょっと驚いたのが、長短のポールで立ち上げるジオデシックテントの組み立てでは、「長いポールからスリーブに入れて・・・」というのが組み立てのセオリーだったのに、この『OLYMPIC』は短いポールからだったこと。
同行した友人用テントとして2度ほど張っただけで、自分自身では一泊もしていないことから、お気に入りなテントとは言い難かったと今になって思います。

モノシリ沼 555nat MOSS TENT OLYMPIC モスオリンピック 3

久しぶり張ったら、聞きしに優る“ベ・ト・ツ・キ”、生地同士が接着剤で貼り合わさったかのように「接着」。
バーガンディカラーのMOSS TENTには無かったので、何でこんなコーティングした生地を採用したのかと恨み言も言いたくなるほどの状態でした。

モノシリ沼 555nat MOSS TENT OLYMPIC モスオリンピック 4

以前の印象よりも小さな本体はMOSSには珍しいほど地味な形状で、フライシートと一体になりはじめて『OLYMPIC』として完成されるのだと、この時気付きました。
殆どのMOSS TENTがフラーシートを装着しない本体単体の方が美しく感じる中で、唯一フライシートが無いと「らしさ」を感じないテントと言ったら言い過ぎでしょうか。
三角テントとドーム系テントの融合と考えると、「素晴らしいデザイン!」なのでしょうが、自分でも複雑な思いが交錯する悩ましいテントと言えるでしょう。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Moss Tent | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

痘痕も笑窪 MOSS TENT ENCORE モステント・アンコール

JUGEMテーマ:スポーツ

moss encore 1

 日本で最初にメディアにMOSS TENT(モステント)を紹介したのは田渕義雄氏でした。当時の愛車はスバル「レオーネ」。このスバルの会報誌に氏のコラムがあり、そこで紹介されていたのもMOSS TENTでした。

 川上村の田渕邸に行った時に頂いたのが1984年『Moss Tent Works』のカタログでした。以前より『EMS(イースタンマウンテンスポーツ)』等のカタログで掲載され存在は知っていましたが、購入するなどまったく考えた事の無いブランドでした。

 美しいラインのタープ、「19Ft PARAWING(19フィート・パラウィング)」に興味はあったものの、テント=ジオデシック派だった時代、キャノピーが平らな形の悪い「ENCORE(アンコール)」を購入するとは思ってもいませんでした。

 田渕氏から寄贈された1984年カタログには左ページに「PARAWING」、右ページに「ANCORE」が掲載され、開放感あるテントと美しいタープの組み合わせに惹かれ1980年代後半にREIより購入。

 好きでは無かったデザインも使ってみると、思いの他小さくパッキングできファミリーテント並みの空間、立てる高さ、テント内側より見えるサイドビューの美しさは他のモステントとは違う、使い心地の良いテントでした。

 事実、数あるMOSSの中で一番出番の多かったのがこの「ANCORE」(逆に一番美しく使い難いテントが「Big Dipper(ビッグディッパー)」でした)、全室が無いので靴の置き場には困ったものの、巷で言われているほど雨で苦労する印象はありません。

 MOSS特有の半端なフライシートは本体ボトム部の縫い目の目止めには根気と時間を使いますが、「ENCORE」のフライは両サイドを引っ張る形状の為、地面が川の様相を呈しない限り安泰です。

 張り綱無しには語れない(完成されない)MOSS TENTですが、短い張り綱を含め、この「ENCORE」にも8箇所の黒いコードと12本のペグ(だったと思います)ダウンが必要です。

 バーガンディのボトムカラーとクリームのキャノピー、ベージュのフライは黒のトリムで当時のMOSS独特の雰囲気を醸し出しています。 

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s ENCORE モステント・アンコール(1)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s ENCORE モステント・アンコール(4)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s ENCORE モステント・アンコール(7)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s ENCORE モステント・アンコール(5)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s ENCORE モステント・アンコール(6)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s ENCORE モステント・アンコール(3)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s ENCORE モステント・アンコール(2)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent Encore Tag 1

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent Encore Tag 2

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Moss Tent | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

MOSS TENT OPTIMUM 200 モスのコットンテント『オプティマム』(1)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s Cotton Tent OPTIMUM 200 モス・オプティマム・コットンテント(1)

 2年ぶりの一週間のキャンプ、MOSS TENT OPTIMUM 200 (モス・オプティマム)で満喫してきました。

 夏の強い日差しでも快適な内部はコットンテントならではの“贅沢”かもしれません。
事実、きままな一日を平湯の旅館(宿泊)で過ごしたものの、異口同音にテントの方が快適!との声に喜びを隠し切れませんでした。

 今回はフライ中心部を本体から離し空間を確保。 物を置くのに便利な事が分かり、ベンチレーター効果にも大満足。

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s Cotton Tent OPTIMUM 200 モス・オプティマム・コットンテント(2)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s Cotton Tent OPTIMUM 200 モス・オプティマム・コットンテント(3)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s Cotton Tent OPTIMUM 200 モス・オプティマム・コットンテント(5)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s Cotton Tent OPTIMUM 200 モス・オプティマム・コットンテント(6)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Moss Tent | permalink | comments(5) | - | pookmark |

MOSS TENT OPTIMUM 200 モス・コットンテント『オプティマム200』の優美

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s Cotton Tent OPTIMUM 200 モス・オプティマム・コットンテント Skyline(1)

 MOSS TENT モス・テントの特徴である優美な曲線はコットンテント、OPTIMUM オプティマムも例外ではありません。

 後部2箇所の窓のひさしはイーストン社のポールが入り、2本の張り綱で綺麗なラインを作ります。青空をバックにキャノピーからの曲線は優美という以外に表現出来ません。

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s Cotton Tent OPTIMUM 200 モス・オプティマム・コットンテント Skyline(2)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s Cotton Tent OPTIMUM 200 モス・オプティマム・コットンテント Skyline(3)

モノシリ沼 555nat.com 1970s-80sアウトドア温故知新 Moss Tent 1980s Cotton Tent OPTIMUM 200 モス・オプティマム・コットンテント Skyline(4)
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Moss Tent | permalink | comments(0) | - | pookmark |

MOSS TENT OPTIMUM 200 モス・コットンテント『オプティマム200』の内覧

moss_oputimum inside


モスのコットンテント その3


MOSS TENT(モステ・ント)「OPTIMUM(オプティマム)」の特徴的な内部空間はテント中央部に立つ大黒柱のアルミポールで支えられています。


入り口と同型の2箇所の居住スペースを構成するU字型アルミポールは、内側から外へとテンションを架け「OPTIMUM(オプティマム)」の張りを演出します。


雨や湿度が高くなるとコットンが縮みテンションが増しますが、乾燥時にはコットンがのびて通気性が高くなりテンションが低下するのですが、それをこのU字型ポールで調整します。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ 555nat.com 555nat.comオンラインショップ白猫屋
Moss Tent | permalink | comments(1) | - | pookmark |